FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


473・時代屋の女房 1983

  1. 1985/09/18(水) 23:00:00_
  2. 森崎東
  3. _ comment:2
時代屋の女房 新画像



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



1985年9月18日(土) (20歳~)

監督 森崎東
 渡瀬恒彦、夏目雅子、津川雅彦

夏目雅子が 死んでしまって とても悲しい 美人で いい女優で
神さまが 持っていかれた命… (TBSの あのドラマ よかったなぁ…)




 
.


感想
なんだか かなしい お話だなぁって 思ってたら ラストに
まゆみが 戻ってくるから あの鉄の 土びん 下げて
「やっさーん」て いって 笑って 戻ってくるから あぁ 現代の メルヘン
だなぁ なんて 思ってしまった

渡瀬恒彦の やっさんが ぴったりで こっちも そういう日で
見てしまう、津川雅彦が さすがに うまくて マスター
すてきだと 思った
あと 藤田弓子や 大坂志郎や 平田くんも まわりの 人たち 皆うまくて
しっかり 作られてるなぁと 思った
…夏目雅子は まゆみ も みさと も うまくやってた
きれいで 明るくて 生き生きしていて

やっさんの 幼少の頃や 沖田浩之の 回想や
やっさんと まゆみの 半年間や うまく ちりばめてて 今のこと
しみじみ うったえてきて 盛岡の エピソードも いいし…

そんな 大作とか 佳作とか いわないけど
なんだか しみじみして ほのぼのして いい 映画だったと
思いました



***********************



2010年8月:追記

夏目雅子、という女優は、当時の日本で一番の女優だったと思っています。
とても悲しかった・・・
最近、伊集院静が、やっと少しずつ彼女の話をしているのには
やっぱり深い意味があると思います。

この作品は、彼女が他界したので「2」を、名取裕子で作り
(やっさんは古谷一行だったと思います)

後年にも大塚寧々でも作っていると思います。
何と言うか、良いお話なんですよね・・・
だから何回も作られるのは、理解できます、でも、

でもやっぱり、彼女と渡瀬のこの作品が一番だったな~!と
しみじみ、思います。



**************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=148457



**************************



☆ 2011年4月に再見しました ☆


再見時の感想は → こちらです





<<474・ねらわれた学園 1981、角川 | BLOG TOP | 472・時をかける少女 1983、角川>>

comment

こんにちは。

  1. 2010/08/02(月) 14:46:40 |
  2. URL |
  3. アスカパパ
  4. [ 編集 ]
この映画は観ているのですが、例によって、レビューしていませんでした。それで、調べてみましたら、原稿を書きかけて、挫折していました。私が原稿を書く時の習慣で、ヒントにする短文が羅列してありました。西瓜嫌い炬燵嫌い家庭団欒大嫌い涙壷など、書き殴ってあるのですが、書いた自分が、何のことか分かりません。(笑)また何時か見直してレビューしたいです。(何時になるやら…)

花の命は短くて…夏目雅子は、本当に惜しい女優でしたね。
片田舎の小学校で教鞭を執る彼女。「秋の夕日に照る山紅葉、濃いも薄も数ある中に・・」小学唱歌が彼女を照らすような「鬼龍院花子の生涯」でした。実質的には鬼龍院松恵を演じた夏目雅子の映画だったと思います。

アスカパパさん、おはようございます☆

  1. 2010/08/03(火) 07:28:11 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> この映画は観ているのですが、例によって、レビューしていませんでした。それで、調べてみましたら、原稿を書きかけて、挫折していました。私が原稿を書く時の習慣で、ヒントにする短文が羅列してありました。西瓜嫌い炬燵嫌い家庭団欒大嫌い涙壷など、書き殴ってあるのですが、書いた自分が、何のことか分かりません。(笑)また何時か見直してレビューしたいです。(何時になるやら…)

まゆみ、という女性は何と言うか型破り(現在では珍しくもないけど)だったので
その描写ではないでしょうか???

> 花の命は短くて…夏目雅子は、本当に惜しい女優でしたね。
> 片田舎の小学校で教鞭を執る彼女。「秋の夕日に照る山紅葉、濃いも薄も数ある中に・・」小学唱歌が彼女を照らすような「鬼龍院花子の生涯」でした。実質的には鬼龍院松恵を演じた夏目雅子の映画だったと思います。

そうですね、あの映画は花子は脇役もイイトコでしたから・・・。
松恵はすばらしい女性でした・・子役の仙道敦子も可愛らしくて!!!

私は彼女の映画では「瀬戸内少年野球団」が大好きです♪
今日も暑くなりそうですので、お気をつけ下さいね~!
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -