FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-630  風が強く吹いている

  1. 2010/05/25(火) 23:00:00_
  2. その他の日本人監督作品
  3. _ comment:2
風が強く吹いている  2009年・日本



風が強く吹いている




 

.


2010年5月25日(火)  レンタルDVD

監督  大森寿美男
主演  小出恵介  (ハイジ役)

感想
“東京大手町の気温は4度、風が強く吹いています”

長い映画だった。
若者のスポーツモノ、ありがちな脚本・・・って監督は大森寿美男、
あの有名な脚本家ではないか!!!
日テレの資本・設備フルに使っての疑似駅伝レースと、
その疑似中継、ものすごくお金をかけた映画だったなぁ。
だいたい沿道の人たちもCGではなさそうだったし、道路借りきるだけでも凄い事だよね~!

この映画を見て初めて駅伝がどんなモノなのか、
背景、当日の事など、全然知らなかったので、知ることができて良かった☆
運動は嫌いな私だけど、こういう映画はよく見ていて、
そのたびに感心してしまう事が多く、この作品もそうだった。

ファーストシーン、駆けるカケル、カレーライスを食べるカケル、
私の好きな林遣都君でビックリ♪嬉しい~!
出ているんだぁ~!っていうか「DIVE!!」でもそうだったけど、
彼は華があって、一等賞を演ずるのに、ふさわしい人なのよね・・・。

主演は小出君だけど、斎藤兄弟始めとして、可愛い子やカッコイイ子や、10人(+数人)もいると
必ず誰かがタイプ(好み)がいて、イイ感じで、誰もが見られるような映画。

ハイジという人が、もう陸上はしないという事を前提に、数年間かけて計画を練っていて、
お料理やお掃除を全部引き受けて、
皆が絶対に断れない状況を作っておいて、自分の夢を叶える・・・
人が良過ぎるし、人が悪過ぎもする・・・
でもきっと“カケル”が見つからなかったら、諦めていたのかもしれない。

でも、ハイジのためだけではなく、自分のために、
皆、それぞれ抱えているモノを背負いながら、走る・・・。
来年の事は分からない、今、自分が走るのだ、
そして僕たちはチームだ、10人しかいない、ギリギリだから持つ“連帯感”
カケルは自分の居場所も・ゆく道も・この手に掴んだ、他の9人も、皆それぞれに掴んだんだ!!!

チョイ役の人々が今回も多い、何で邦画はこうなんだろうね~?
まぁ「GOEMON」ほど酷くは無かったので良しとしよう。
華のないヒロイン・・・水沢エレナ、顔がちょっと可愛いけど、
なんというか華のない子で、大成はしないと思う。
津川君は最近、痛々しい、最近はお金のために映画に出ている感じがして、
もっと悪い人の役やってほしい。

カケルが駆ける、夕方の空も、早朝の空も、
きっといつも上では風が強く吹いているよ、お正月の日本にも吹くように。


******************************


こういう話で、風邪をひいても走れる、骨を折ってもシードをとれる、努力すればかなう、
そういう間違った事が若い人にインプットされるのが怖い。

本当の現実の生活ではそうやってうまくいく事もあれば、
いかない事もある(その方が絶対的に多い)という事を、学べない。

この映画で言えば、全員が何かをつかむのではなく、
誰か何か失うことなどがないと、どうしようもなく・・・何というか気楽に見られないんだよね~!

邦画はそういうことが多いと思う。
洋画でもあるのかもしれないけど、邦画が多いと思う。
多分洋画ではそういう映画を見るより、そういう映画ではない映画を多く見るからだろうけどね。





<<2-631  ハッピーフライト | BLOG TOP | 2-629 ヘアスプレー >>

comment

あけましておめでとうございます。

  1. 2011/01/05(水) 12:28:57 |
  2. URL |
  3. アスカパパ
  4. [ 編集 ]
遅ればせながら新年のご挨拶を申し上げます。
本年も宜敷くお願い致します。
さて、この映画ですが、毎年お正月には欠かすことなく観戦している(断片的にではありますが)箱根マラソンの後で、オンエアー観賞しました。
そのせいもあってか、素直に観賞できました。もともと、スポーツ観戦は好きな方ですので。
私にとっては、津川雅彦以外は、知らない若い俳優ばかりでしたが、それぞれ個性ある10人の選手に、公平な目線を、暖かく注いでいたと思います。
もともと脚本家の方ですから、頷けますが、初メガホンとしても、ちょっとしたことには目を瞑れば、成功ではなかったかと思います。

Re: あけましておめでとうございます。

  1. 2011/01/05(水) 20:57:55 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> 遅ればせながら新年のご挨拶を申し上げます。
> 本年も宜敷くお願い致します。

アスカパパさん、謹賀新年でございます。
こちらこそ、今年もどうぞ宜しくお願いいたします☆

> さて、この映画ですが、毎年お正月には欠かすことなく観戦している(断片的にではありますが)箱根マラソンの後で、オンエアー観賞しました。
> そのせいもあってか、素直に観賞できました。もともと、スポーツ観戦は好きな方ですので。

本物の後でご覧になったのですね!?
それはそれは・・・お疲れ様でございました。

> 私にとっては、津川雅彦以外は、知らない若い俳優ばかりでしたが、それぞれ個性ある10人の選手に、公平な目線を、暖かく注いでいたと思います。

津川さんは、この作品の使われ方は、私は情けないというか・・・
もっと悪い人を悪く演じてほしいです。

若手俳優は、いろいろといますが、誰もかれも頑張っている事だけは確かだと思います。
主演の二人以外は、ほぼ公平に演出されていたと思います。

> もともと脚本家の方ですから、頷けますが、初メガホンとしても、ちょっとしたことには目を瞑れば、成功ではなかったかと思います。

同感です!!!(オッと生意気でしたでしょうか???ごめんなさい!)
次回作が楽しみですね~♪
コメントとTBを有難うございました~。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31