FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


470・Pay Day (給料日)  471・A Dog’s Life (犬の生活)

  1. 1985/08/17(土) 23:00:00_
  2. チャールズ・チャップリン (出演のみ作品含む)
  3. _ comment:2
給料日

犬の生活



チャーリー



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。




 
.


470・Pay Day (給料日)

1985年8月17日(土) (20歳~)
Directed by Charles Chaplin
  エドナ、チャーリー

おまけ という 感じ でした

感想
あまり おもしろく なかった
FUNNYで わははと 笑おうと すれば 笑えたけど
あさってからの 日々が 胸をよぎり それどころじゃ なかった
こういう 見かたは よく ないん だけどねぇ

story性も ないし 奥さんを すごく 恐れていて
チャーリー as 神さま というような 人のコトバを 信じてしまえば 
こーゆー 奥さん もらうべからず というような 映画なのか?と
うたがえて しまうものね

私は私なりの 見方で チャーリーに 親しんでいけば いいのだと
思います

だって チャーリー 以外でも すごい いい映画 作る人って いるもの



471・A Dog’s Life (犬の生活)

9月7日(土)
Directed by Charles Chaplin
  エドナ

感想
なんか ずれてんなぁ
すじ 忘れそうだわ

貧しいけど がんばるとか
訴えるものが なくてねぇ



**********************



2010年7月:追記

この回のチャーリー特集は、これで終わりでした。
これ以降、チャップリンの映画を、マトモに見た事はありません。
チラ見は、一杯あるけど・・・。

ムービープラスで「街の灯」がオンエアされ、録画したので、
まずは、それから、再見をし始めようかな?と思っています。



**********************



470・http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=14689
正しい原題:THE PAY DAY
正しい邦題:チャップリンの給料日
製作年:1922年



471・http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1996
製作年:1918年



**********************



2014年1月に「犬の生活」を再見しました

再見時感想はこちら  →  犬の生活(1918・米) ・・・ 1-471 



2014年2月に「給料日」を再見しました

再見時感想はこちら  →  給料日(22・米)(2回目) ・・・ 1-470



「給料日」と同DVDに入っていた、下記3作品を初見しました。
上記と同じ記事に感想をアップしました。

A DAY'S PLEASURE  (一日の行楽)  1919年・アメリカ

THE IDLE CLASS  (のらくら) 
(今のタイトルは:チャップリンのゴルフ狂時代)  1921年・アメリカ 

SUNNY SIDE  (サニーサイド)  1919年




<<472・時をかける少女 1983、角川 | BLOG TOP | 469・THE KID (キッド)>>

comment

  1. 2014/03/04(火) 06:53:51 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
再見で新たな発見があったようでよかったですね♪
エドナちゃんは綺麗過ぎて出られないこともあるんですか(笑)

「一日の行楽」はダラダラしてわたしも楽しめませんでした。道路でのやり取りとかくどいですよね~。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2014/03/04(火) 10:51:56 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 再見で新たな発見があったようでよかったですね♪
> エドナちゃんは綺麗過ぎて出られないこともあるんですか(笑)

これは「給料日」の事ですね?
初見時はボーっと見ていたようでお恥ずかしい!
今回は、不細工な奥さんに自分を見てしまい(笑)
結構深い作品で良かったです☆

エドナちゃんはキレイなので、今回のこの奥さん役は難しかったと思います。
不細工な上に、意地悪で、旦那さん(チャーリー)からしぼりとれるだけ
搾り取るという、ほほほ・・・。

なので、エドナは、現場監督の娘さん役で、
お父さんにランチのお弁当を届け(もちろんチャーリーが一部つまみ食いする・笑)
出番は少なかったけどやっぱり華がありました。

現場監督の娘なので、ちょっかいも出せないチャーリーでしたが、
可愛いので見取れていました(笑)。

> 「一日の行楽」はダラダラしてわたしも楽しめませんでした。道路でのやり取りとかくどいですよね~。

ハイ、キレイな画像で、キレイな奥さんと、可愛い子供たちで良かったけど
チャーリーにはお金持ち役は似合いませんね(笑)。

そして、仰るように、そのシーンや、船の上での数シーンもくどかったです!
いまいちでした。


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31