FC2ブログ
  • 2021_02
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2021_04

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


映画でカレンダー! その1 

  1. 2010/06/19(土) 06:58:56_
  2. 今思うこと・ご挨拶含む
  3. _ comment:4
いつもお世話になっています白くじらさんから、
数年前になさっていた「映画でカレンダー! バトン」というモノを教えて頂き、私なりに考えてみました。

3種類作りましたが、とりあえず、今日は最初に完成したモノを、ご覧くださいませ~!

作品を選ぶにあたって、ただ一つだけ、自分に対して条件を課しました。
それは昨年3月から今日までに見た映画(初見・再見どちらでも可ですが)に限る、という事です。

昔見た映画も、もちろん覚えている作品も多いのですが、内容等・思い違いをしている場合も多いので、
あとで「選んだ自分がビックリ!」という事にならないように、記憶の確かな、この1年数ヶ月間に見た作品のみで選びました



************************************



☆ 音楽系の映画ばかりで作ってみました ☆
     (ミュージカルに限らず、音楽の出てくる作品等です)




 
1月
皇帝円舞曲
  1948年・アメリカ
監督 ビリー・ワイルダー
主演 ビング・クロスビー 

皇帝円舞曲

この映画はビリー・ワイルダー生涯でただ一本のミュージカルで、
皇帝のワルツというくらいなので、宮廷も舞台の一部になっています。

最後の最後に、宮廷で優雅に踊る人々、窓の外は雪。
もしかしたら年末なのかもしれませんが、私には何となく新年のような気がしたのです。(おめでたいラストですし)



2月
グレン・ミラー物語
  1953年・アメリカ
監督 アンソニー・マン
主演 ジェームス・スチュワート

グレンミラー物語

ジャズ(スゥイング)というモノを、初めてちゃんと聞いたのがこの映画でした。

最後に夫の訃報を聞く妻の目に流れる美しい真珠の涙、やはり窓の外は雪だったような気がします。
(もしかしたらクリスマスだったかもしれないけど)何となく2月の雪のような気がするのです。



3月
オズの魔法使
  1939年・アメリカ
監督 ビクター・フレミング
主演 ジュディ・ガーランド

オズの魔法使

なんといっても“不朽の名作”は、あわただしいこの月にピッタリです。
どんなに忙しくても、誰もが忘れたくない心を、この映画は教えてくれるからです。



4月
ラヴェンダーの咲く庭で
  2004年・イギリス
監督 チャールズ・ダンス
主演 ジュディ・デンチ / マギー・スミス

ラヴェンダーの咲く庭で

ラヴェンダーは初夏の花ですが、この映画は4月に似合います。

新しい学年の始まるこの月は、皆一つ年をとる月でもあります。
誰もが年をとるということと、年をとっても、人は誰かに恋をする、という事を教えてくれた映画です。



5月
菩提樹
  1956年・西ドイツ
監督 ヴォルフガング・リーベンアイナー
主演 ルート・ロイヴェリーク

菩提樹

「サウンド・オブ・ミュージック」よりも事実に近いと思われるこの作品は、
戦争の影を強く感じますが、その戦争に負けない心も感じます。

頑張れ、5月病になるなよ!そんな力強さをもらえる映画です。



6月
ヘアスプレー
  2007年・アメリカ
監督 アダム・シャンクマン
主演 ニッキー・ブロンスキー

ヘアスプレーブルーレイ

6月は梅雨には入るけれども、日本では7月の方が雨が多く、被害等も多く出ています。
6月は初夏のさわやかな空気の快晴の日も多い、素晴らしい月です☆

この映画を見て、皆それぞれ心を希望でいっぱいにして歩んでまいりましょう~!



7月
シェルブールの雨傘
  1964年・フランス
監督 ジャック・ドゥミ
主演 カトリーヌ・ドヌーヴ

シェルブールの雨傘

7月は雨の季節です。、
この映画は反戦映画ですが、美しい雨や傘を売るお店が出てきます。

全編、台詞が歌で、冬の場面も印象的な作品ですが、私は梅雨の時期に鑑賞したい作品なのです。



8月
真夏の夜の夢
  1959年・チェコスロバキア
監督 イジー・トルンカ

イジートルンカ全集

チェコの人形劇の巨匠、イジー・トルンカ監督の描いた、シェイクスピアの戯曲は、
人形たちが、青いイメージの中で動き、素晴らしい作品に仕上がっています。

暑い暑い真夏の夜に、青いイメージのこの映画を見たいと思います。



9月
ラウンド・ミッドナイト
  1986年・アメリカ/フランス
監督 ベルトラン・ダヴェルニエ
主演 デクスター・ゴードン

ラウンドミッドナイト

この作品は、けだるい雰囲気がまだまだ涼しくならない9月にピッタリです。
そして大人の雰囲気・・・愛にはいろんな形がある事を教えてくれました。

デクスター・ゴードン、本物のジャズマンの演奏をこころゆくまで堪能したいと思います。



10月
僕のピアノコンチェルト
  2007年・スイス
監督 フレディ・M・ムーラー
主演 テオ・ゲオルギュー

僕のピアノコンチェルト

嫌みのない天才児の登場する作品です。
長い年月が背景になっていますが、穏やかな気候・・・スイスとはそういう国のような気がします。

日本では10月頃に見たい作品だと思います。



11月
ファンタジア
  1940年・アメリカ
監督 ベン・シャープスティーン

ファンタジア

この作品は唯一無二の“芸術作品”です。
どんなに時間が経っても、この作品にかなう作品は、作れません。

秋の夜長にゆっくりと鑑賞したい作品ですネ。



12月
ジーザス・クライスト・スーパー・スター
  1973年・アメリカ
監督 ノーマン・ジュイソン
主演 テッド・ニーリー

ジーザスクライストスーパースター

12月はクリスマスというけれども、私はもしクリスマスを想うなら、イエス様を想いたいのです。

イエス様の出演する映画は、山のようにあるけど、この映画の特異性・インパクト・素晴らしさ、
これこそ、一年の締めくくりにピッタリな、音楽系の映画だと思います。



**********************************



いかがでしたでしょうか? 私の独断と偏見による音楽系映画のカレンダー
是非、皆さんもご自身のカレンダーを、お作り下さいませ~!
楽しいですよ~!


あと2つはいつか、アップします。
※なお、この記事の中で、私の勘違い・間違い等がありましたら、どうぞ教えて下さいませ~!



**********************************



明日からノートからの転記を再開します。
1985年5月です。





<<2-655  神童 | BLOG TOP | 2-654  天国の日々>>

comment

こんにちは。

  1. 2010/06/19(土) 11:37:52 |
  2. URL |
  3. 白くじら
  4. [ 編集 ]
バトンを受け取っていただき、ありがとうございました。
にしても、「その1」ってなって、ジャンルで分けられているところが素晴らしいですね。この分ではホラー系も…ってそれはないか。(^^; ジーザス・クライスト!!
音楽で統一させるあたり、さすがmiriさんです。

「皇帝円舞曲」もそうですがやはり脳裏に焼きつくシーンで季節が特定される作品も多いと思います。
このバトンってその月への想い(こじつけ)があればOKだったので、その季節の作品、その季節に合う作品としても問題ないかと思います

「オズの魔法使い」はあの曲と共に大好きな作品ですが…実際の季節はいつなんでしょうねぇ。麦で案山子と言うと…竜巻と言うと…でもファンタジーですし。(^^;

「シェルブールの雨傘」はまた観たくなってきました。この作品はこれからの季節にピッタリですね。

お疲れさまでした。
ってあと2ジャンルでのカレンダーも気になりますね。楽しみです。

昔の記事ですが、トラックバックさせていただきました。

白くじらさん、こんにちは☆

  1. 2010/06/19(土) 15:06:42 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> バトンを受け取っていただき、ありがとうございました。

こちらこそ楽しい企画を教えて頂き、コメントとトラックバックまで有難うございました☆

> にしても、「その1」ってなって、ジャンルで分けられているところが素晴らしいですね。この分ではホラー系も…ってそれはないか。(^^; ジーザス・クライスト!!
> 音楽で統一させるあたり、さすがmiriさんです。

そう言って頂くとお恥ずかしいですが、嬉しいです☆
実をいうと、あと二つは完成していないのです。(少しずつ足りないので、まだ探しているのです)

> 「皇帝円舞曲」もそうですがやはり脳裏に焼きつくシーンで季節が特定される作品も多いと思います。
> このバトンってその月への想い(こじつけ)があればOKだったので、その季節の作品、その季節に合う作品としても問題ないかと思います

そうですね~!映画って短いお話以外は、四季のある国が舞台で年月のあるお話などは
どの季節も出てきますものね。皇帝円舞曲も夏のシーンもありますよね!

> 「オズの魔法使い」はあの曲と共に大好きな作品ですが…実際の季節はいつなんでしょうねぇ。麦で案山子と言うと…竜巻と言うと…でもファンタジーですし。(^^;

カンサスは秋だと思います。でもオズの国は春だと信じたいのです☆

> 「シェルブールの雨傘」はまた観たくなってきました。この作品はこれからの季節にピッタリですね。

そう思って下さり、有難う~!私は去年の今頃初見して、心から感激しました♪

> お疲れさまでした。
> ってあと2ジャンルでのカレンダーも気になりますね。楽しみです。

あと二つはジャンルという感じではないのですが・・・足りないところが見つかったら、
またアップさせて頂きますので、その時はまたどうぞ宜しくお願いいたします。(ペコリ)

  1. 2010/06/22(火) 18:50:03 |
  2. URL |
  3. ケン
  4. [ 編集 ]
こんばんは。
この記事はさすがと思いました。

すごく厳しい条件を課しながら、音楽の出る映画を選んで、
しかも作品ごとの季節感で並べる。
これは簡単ではないです、分ります。
「ボクもバトンを受け継ぎます!」と言いたいですが、
申しわけないですが絶対無理です。
何をどう選ぶべきか、想像もつきません。

『グレン・ミラー物語』は見直したいんですよね。
誰か「ブログDEロードショー」で選んでくれないかな。
自分で選べよと思われるでしょうが、もう決めてしまったので…。

ケンさん、こんばんは☆

  1. 2010/06/22(火) 21:06:09 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> この記事はさすがと思いました。

うわ~い!嬉しいなったら、うれしいな☆
実はケンさんに「12月」ウケてほしかったのです☆ だからコメント、ホントに嬉しいのです♪

> すごく厳しい条件を課しながら、音楽の出る映画を選んで、
> しかも作品ごとの季節感で並べる。
> これは簡単ではないです、分ります。

きゃー!そんな事言ってもらえて、ホントに光栄です。
いえいえ、実は最初何気にたくさん選んでいたら、やたらと音楽系の作品が多くて、
それなら・・・と思い、音楽系だけでまとめたので、このカレンダーは割りと簡単に出来たんですよ~!

> 「ボクもバトンを受け継ぎます!」と言いたいですが、
> 申しわけないですが絶対無理です。
> 何をどう選ぶべきか、想像もつきません。

ケンさんたら難しく考えすぎ~!っていうか、カッコよくって考えていませんか???
何気にたくさん選ぶ、そして削る、それだけですよ~!

あと二つのうち、ひとつは完成しましたので、7月の初め頃にアップしますので宜しくお願いします☆

> 『グレン・ミラー物語』は見直したいんですよね。
> 誰か「ブログDEロードショー」で選んでくれないかな。
> 自分で選べよと思われるでしょうが、もう決めてしまったので…。

早すぎ~!まだ先の事ですから、変わるかもしれないし、柔軟に参りましょう~!
選択肢のうちの一つを「グレンミラー物語」になさってはいかが~???

追伸:実は昨日見た映画の感想文(来週アップします)の中で「グレン・ミラー物語」が、出てくるんですよ~!
全く、今日もシッカリ驚かされましたよ~!
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログの検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2021 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -