FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


467・男はつらいよ 寅次郎恋愛じゅく 1985,松竹

  1. 1985/08/11(日) 21:00:00_
  2. 山田洋次
  3. _ comment:2
寅次郎 恋愛塾



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



1985年8月11日(日) ○○松竹座にて (2本立て) (20歳~)

監督 山田洋二
渥美清、樋口可南子、平田満 他

寅さんを 見るなんて 久しぶりで というよりは ほとんど
見てないから わりと 楽しみでしたよ




 
.


感想

私の 後ろの席の人が 隣の人より 大声で 笑ったりして
あー 寅さんには ファンが 多いんだなー と 思いました

若菜ちゃんを よく うまく やってた 樋口可南子 こんなに できる子
だったのかしら?と 思いました
平田くんは あいかわらず 芸達者で うまいわぁ
寅さん(渥美清)は いいねぇ 真剣に 若菜ちゃんを
想うとこ よくわかる 常識の ある 人々よりも ずっと 人を
想えるし まー 回りの人に とっては 大変だろうけど
でも さくら 夫婦 はじめ 皆寅さんが いると うれしくてねぇ
・・・

さいしょに おばーちゃんと 知り合って 亡くなる でしょう
五島の カトリックの 人たちって やっぱ 昔と 変わらないんだわぁ
でも おばーちゃんが 「寅さんにも 神さまの お恵みが あります
ように」というとこ いいねぇ

平田くんに いろいろ 教えるとこ おもしろいけど 真剣だし
あー 恋愛じゅく だぁ と 思った

秋田へ 帰る彼 死ぬ気の彼 おっかける寅さん
若菜ちゃん それに 教授 こっけい だけど 皆 真剣で
夏山のリフト いいねぇ

たくさん 笑いました 見てよかったね



***********************



2010年7月:追記

「寅さん」をキチンと見たのは、この時が初めてだったと思います。
日本人だから、ず~っと前から知っていたけど、チラ見しかしていなかったと思います。
この時も、あんまり気が進まなかったけど、見始めたら、引き込まれました。

後ろの席の人が、いちいち大声で・誰よりも早く・大声で笑ったから、ちょっとシラケました。
今の言葉で言うと、ウザかった~!

樋口可南子は、今もずっと上手な女優ですが、
若い頃より、中年になって以降の方が、女優としては良いですが、
やっぱり私生活の事で「・・・」と沈黙します。

平田満は、今もずっと、わりと好きな方です。
渥美清さんは、本当にご立派な方だと思います。
でもこの作品群で、命を縮めたのかもしれませんね・・・惜しい俳優でした。



***********************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=149517
正しいタイトル:男はつらいよ 寅次郎恋愛塾



再見時感想はこちら  →  男はつらいよ 寅次郎恋愛塾(85・日)(2回目) ・・・ 1-467 





<<468・偽牧師 | BLOG TOP | 466・俺ら東京さ行くだ 1985,松竹>>

comment

こんにちは。

  1. 2010/07/22(木) 15:41:23 |
  2. URL |
  3. アスカパパ
  4. [ 編集 ]
山田洋次監督と、渥美清さんのファンでして、「男はつらいよ」シリーズは、全48作品観ています。(リアルタイムと、オンエアが混在していますが)
何せ、寅さんファンでして、寅さん一族の家系図を作ったりして、もし、寅さん検定があったら受けたいぐらいです(笑)。何れ、寅さん映画ランキングも作りたいとは思っています。
ところが、ブログにupしたのは、調べてみたら、7本だけでした、(第1作~第4作。第43、46,47作)
マドンナと背景が変わるだけで、ワン・パターンですので、書き辛いのが、その原因です。
この第35作の舞台は、miriさんが書いて居られるように、五島列島が主舞台でしたね。この映画が公開された年の4年前に、北海道へ旅したのですが、その時、五島列島から来ていた新婚さんと知り合いになったのを思い出しました。そんなことで、関心があった「寅次郎恋愛塾」でした。私事ですみませんでした。

アスカパパさん、こんばんは☆

  1. 2010/07/22(木) 18:57:20 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 山田洋次監督と、渥美清さんのファンでして、「男はつらいよ」シリーズは、全48作品観ています。(リアルタイムと、オンエアが混在していますが)
> 何せ、寅さんファンでして、寅さん一族の家系図を作ったりして、もし、寅さん検定があったら受けたいぐらいです(笑)。何れ、寅さん映画ランキングも作りたいとは思っています。

おぉ~それはそれは~!!!
寅さん検定、ありそうな気がしますが、まだなかったのですネ?
いつかおこなわれたら、是非、ご参加くださいませ~!!

家系図・・・凄い!
ランキングの方も、楽しみにお待ちしています♪

> ところが、ブログにupしたのは、調べてみたら、7本だけでした、(第1作~第4作。第43、46,47作)
> マドンナと背景が変わるだけで、ワン・パターンですので、書き辛いのが、その原因です。

そうですネ~!
ゴクミの出演する3作は、ちょっと違うような気がしましたが、他は一緒ですね!

> この第35作の舞台は、miriさんが書いて居られるように、五島列島が主舞台でしたね。この映画が公開された年の4年前に、北海道へ旅したのですが、その時、五島列島から来ていた新婚さんと知り合いになったのを思い出しました。そんなことで、関心があった「寅次郎恋愛塾」でした。私事ですみませんでした。

北海道で、五島列島の新婚さんと・・・日本は狭いようでやっぱり広いですネ!
良い思い出の作品のようで、良かったです~!
あとで7つの記事をゆっくりと読ませてもらいますね~!
(私の記録は、あと数本寅さんが出てくると思います)

猛暑ですので、どうぞお気を付け下さいね~☆
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -