FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


463・白い家の少女 1976 , U.S.A.

  1. 1985/07/27(土) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
白い家の少女



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



1985年7月27日(土) (20歳~)

Directed by 
   Jodie Foster , Martin Sheen

これも ずっと 見たくて 見のがしてた 作品で 見られて すごく
うれしいです ‘76 ジョディ・フォスター 大好き だった




 
.


感想
映画の 作りが 「こわい」 というより ハロウィーンから 入るとこや
ラスト前の 地下室から 奴が 出てくる とこなんか
「こわがらせ」てる みたいで 私は 好きじゃ なかった

なんとなく 少しずつ 少女の 秘密が わかって きたり するとこも
今ひとつ こわがらせ的 だったなぁ
でも 哀しい 少女だね かしこすぎる お父さんが 残して
くれたものは 生きてく 指針だったけど 他人の愛情を
計算しなかったから やっぱり 誤算だったね
秘密を知る者は 次から次へ (意図的で ないにしても)
死へ おいやらずには いられない
おそらく 地下室で 眠っていた お母さん ヘンタイの母親
そして 肺炎に かかった たった 1人の 理解者 (恋人、友人)
そして そして ラスト あの少女の 横顔の アップで終わる 青酸 のんでいく
ヘンタイ

今ひとつ すっきり しないんだけど あそこで 終わらせといて
よかったのかと 思います (なっとくの いみで)

マーチン・シーンは うまかった なりきってた
ジョディ・フォスターは やっぱ いいね
テイタムや ブルッキー と また 一味 違って いいのだわぁ
いつか オスカルさま やって ほしいと 思っていたわぁ

やっぱ 見てよかったです ハイ



***************************



2010年7月:追記

いつか、オスカル様をジョディに、アントワネットはティタムに、
監督は私よ、「ベルばら」の映画化・・・そんな事思っていましたよね・・・
(2003年の「マリー・アントワネット」は、なんともいえない作品でした)

この作品はあまり覚えていませんが、何となくうっすらと覚えているシーンがあります。
結構期待していたのですが、映画館で見なくて良かった、程度の作品でした。

最近のジョディは強くて・ご立派で、好きではなくなってきました。
幸せの1ページ、見たけど、どこか、何かがヘンな作品でした。



***************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=11208
原題:THE LITTLE GIRL WHO LIVES DOWN THE LANE
製作国:カナダ / フランス / アメリカ
監督:ニコラス・ジェスネール 



***************************



再見時感想はこちら  →  白い家の少女 (76・米)(2回目) ・・・ 1-463 




<<(1-347) 青い珊瑚礁 (The Blue Lagoon) (二回目) 1979, | BLOG TOP | 462・転校生 1982、日本>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -