FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


462・転校生 1982、日本

  1. 1985/07/25(木) 23:00:00_
  2. 大林宣彦
  3. _ comment:10
転校生



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



1985年7月25日(水) (20歳~)

監督 大林宣彦
 小林聡美、尾美としのり、他

劇場で 見たかったけど 見のがしてた 作品です “尾道3部作”の
第1作 という ことですが 尾道は 遠い小さな町 としか わからないです




 
.


感想
すっごく 笑って おもしろかったけど 最後 近くになって 戻る 直前の
頃から ラストまで どんどん 感情が 入って ジーンと させて
やっぱ 泣けて きたよ

大林宣彦ってね もう ずーっと前から 好きで 注目してるけど
故郷が 尾道とは 知りませんでした
やっぱ 故郷への 思い入れは どんな人も 持ってるんだよね
小さくて きれいで 港町で 林ふみこの まち だね

さいしょの みどりトーン さいごのモノトーン 神社の石段
から 落ちて 換わって 戻って 設定そのものは 実に うまく できてると
思う さいごのモノトーンで 一美が 走るの あきらめて うしろ
むいて 歩き出すとこ なんか 暗示的というより 素直に 入ってくるし・・・

ちょっと ひっかかった点は 何点かあった 一美は 果たして 一晩
家を空けて おこられなかったか とか 急に 2人とも もとに戻って
親が おどろかなかったか とか そんな 現実的な点と
一美役の子が 元気がよくて 一夫の時も 一美に なっても 
ぴたっと くるのに 一夫が 一美になると へなへなに なって
気持ち悪い感じに なったり そんな 映画的な点と

でも おもしろかったし 笑って 泣いて いろんなとこで 男と女は
ちがうなあ と 思ったり
大林宣彦が わざわざ TV用に 編集し直したりして
力 いれてるし

いい映画 見たわー
アイコと同じで 若い すごい エネルギーを 感じた
きれいな 小さな まちと 瀬戸内海の きれいなこと!



************************



2010年7月:追記

これは名作ですね。その後ドラマやリメイクになっていると思います。
この作品もこの時に見られて良かったし、
尾道三部作、新三部作、全部見たのですが、
特に最初の三部作は“その時に見て良かったという時期”に、見ることができて本当に良かったです。

小林聡美は、その前からも、その後も、ずっと好きです。
金八の最初の作品で、飛行機の真似して飛んでた頃から、
最近では「めがね」食パンのCM、そしておもろい夫婦って感じですね。

尾美としのりも、まぁちょいちょい頑張っていますね。

尾道には、この映画を見てから5年後くらいに行きました。
今でも色々と覚えていますが、
坂の多い町、海の匂いのする町、足が疲れたけど、楽しかった思い出です。



************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=86142



************************



2013年2月に再見しました → 記事はこちらです




<<463・白い家の少女 1976 , U.S.A. | BLOG TOP | 461・アイコ十六歳 1983、日本>>

comment

おはようございます。

  1. 2010/07/07(水) 08:44:25 |
  2. URL |
  3. アスカパパ
  4. [ 編集 ]
これはSFファンタジーの名作ですね。突飛な発想に拍手喝采したいです。しかも健康的なのが、佳いです。私事で恐縮ですが、最近upしたMy日本映画ベスト100でも、55位にランクしました。
大林監督の作品には、必ずと言っていいほど登場する尾道。私も、しまなみ海道を旅した時に立ち寄りましたが、正に詩情の坂道ですね。
リメイクは、いまいちでしたが、オリジナルと一緒に、トラックバックさせて頂きます。

アスカパパさん、こんにちは☆

  1. 2010/07/07(水) 14:55:46 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントとトラックバックを有難うございます☆

> これはSFファンタジーの名作ですね。突飛な発想に拍手喝采したいです。しかも健康的なのが、佳いです。私事で恐縮ですが、最近upしたMy日本映画ベスト100でも、55位にランクしました。

記事を読ませていただきました。あの記事の頃にご覧になられたのですか?
本当に健康的な作品ですね!
55位、私も拝見して「入ってる~!」と思っていました。

> 大林監督の作品には、必ずと言っていいほど登場する尾道。私も、しまなみ海道を旅した時に立ち寄りましたが、正に詩情の坂道ですね。

生まれ育った場所は誰にとっても大切な場所、映画監督は自分で、故郷への想いを表現できてうらやましいです!

> リメイクは、いまいちでしたが、オリジナルと一緒に、トラックバックさせて頂きます。

リメイクは見ていないのです。何と言うか、見なくてもガックリするのは分かる気がして・・・。
でも多分今の若い人は、このオリジナル作品を見ないのかもしれませんね?

今日は「王子と踊子」も嬉しかったです。どうも有難うございました~♪

こんばんは。

  1. 2010/07/07(水) 19:16:27 |
  2. URL |
  3. 白くじら
  4. [ 編集 ]
これはまだビデオデッキを持ち出した頃にコレクションしているので大学の頃ですね。もちろんTVです。

こういう衝撃によって入れ替わる話は、その後もいくつか作られましたが、面白いですね。好きです。
どうしても、男性が「なよなよ」してくるのは仕方がないのでしょうけど、オカマさん(当時)に見えてしまってちょっと困りものですねぇ。

尾道にそういう意味があったとは…奥が深い。

白くじらさん、おはようございます☆

  1. 2010/07/08(木) 07:40:52 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントをありがとう~!

> これはまだビデオデッキを持ち出した頃にコレクションしているので大学の頃ですね。もちろんTVです。

この記事は24歳の夏なので、ご卒業後でしょうね?
多分、初めてのオンエアだと思いますので、同じ番組だと思います。

> こういう衝撃によって入れ替わる話は、その後もいくつか作られましたが、面白いですね。好きです。
> どうしても、男性が「なよなよ」してくるのは仕方がないのでしょうけど、オカマさん(当時)に見えてしまってちょっと困りものですねぇ。

そうですね、ホトンドこの作品の模倣のような気がするので、他の作品は・・・
演出で「女性が男性になると、なよなよする」のは、私から見ると、かなり変・おかしいです。

> 尾道にそういう意味があったとは…奥が若い。

そういう意味って監督の故郷と言う意味ですか? 有名な話だと思いますが・・・?

では、今日も暑いと思いますが、お互い頑張りましょう~☆
気をつけて行ってらっしゃーい!

  1. 2010/07/08(木) 19:47:09 |
  2. URL |
  3. 白くじら
  4. [ 編集 ]
>そういう意味って監督の故郷と言う意味ですか? 有名な話だと思いますが・・・?

それは申し訳ありません。
私は邦画にはトンと疎くて、有名でも知りません。
映画自体は観ていても、尾道三部作というのも知りませんでした。

白くじらさん、おはようございます☆

  1. 2010/07/09(金) 07:50:33 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
こちらこそ、申し訳ありませんでした~。
不愉快な思いをされたと存じますが、どうぞお許しくださいませ。

私はこの頃(1985年頃)から、洋画よりも邦画を多く見ていて、洋画の事は昨年までホトンド知りません。
また色々と教えてくださいネ~!

では、今日から3日間よろしくお願いします☆
ロッカリアさんが、チケットを作ってくださいました。

面白かったです!

  1. 2012/06/30(土) 16:23:49 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
多くの作品に影響を与えたという事でタイトルだけは知ってたんですが、今回のオンエアでやっと観られました。
大笑いできるし、後半はジーンとさせてくれますよね。
主演ふたりの演技がとても良かったです。小林聡美はもちろん、一夫も女の子になりきってました。まあ、一美の性格であんなにめそめそするのか疑問でしたが。
あと、miriさんがひっかかった現実的な点は、わたしも思いましたよ。二人の母親はちょっとテキトーな描かれ方だった気がします。

>さいごのモノトーンで 一美が 走るの あきらめて うしろ
むいて 歩き出すとこ なんか 暗示的というより 素直に 入ってくるし・・・

ラストにモノクロに変わるのはしっくりこなかったんですが、このシーンで変わっていたら納得できたかも。”入れ替わってる間だけカラーにしました”っていう切り替えで、なんとなく冷めてしまったんですよね~。
いつかリメイクも観てみたいです!

*********************

>時間経過は、字幕で出ていましたよね~?

それがわたし数字にめちゃくちゃ弱くて、何年後と表示してくれればまだしも、西暦何年何月と表示されても、その前が何年何月だったか覚えてなくて、ぜんぜんわからないんですよ~。なので、時間経過は映像で表現してほしい派です!

Re: 面白かったです!

  1. 2012/06/30(土) 21:37:22 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんばんは☆
コメントを有難うございます☆

楽しい初見になり、宜しかったですね~!!!
私は今回のオンエアをBDに録画しましたので、いつか見ますね~。
再見しないと、なんとも書く事もなくて、その時にまたお願いします。

> *********************
>
> >時間経過は、字幕で出ていましたよね~?
>
> それがわたし数字にめちゃくちゃ弱くて、何年後と表示してくれればまだしも、西暦何年何月と表示されても、その前が何年何月だったか覚えてなくて、ぜんぜんわからないんですよ~。なので、時間経過は映像で表現してほしい派です!

えーーーっ!!!
それは残念です・・・私はあれで充分だったので、時系列はスッキリとしていました☆
あぁあれから○ヶ月経ったな~とか、自然と分かりました。

宵乃さんの仰る方法での表現も大切だと思います。
映画を作るヒトは色々と考えてほしいですね!

  1. 2012/07/01(日) 13:43:40 |
  2. URL |
  3. かえるママ21
  4. [ 編集 ]
そうでしたよね。 名作でしたよね。
しっかり見ておけば良かった。尾道3部作と言われるんでしたよね。
なんか色々と思い出してきました。
3部作では「時をかける少女」が最もインパクト強かったです。
尾道は一度も行った事ありません。
旅してみたいです。

かえるママ21さん、こんにちは☆

  1. 2012/07/01(日) 17:31:00 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> そうでしたよね。 名作でしたよね。
> しっかり見ておけば良かった。尾道3部作と言われるんでしたよね。

ハイ「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」
大林監督の、ふるさとを想う、三部作です☆

> なんか色々と思い出してきました。
> 3部作では「時をかける少女」が最もインパクト強かったです。

作品の出来は「さびしんぼう」がダントツですが、
多分人気は「時をかける少女」がダントツだったでしょうね~。
「転校生」は出来も良く、三部作作れるくらいに人気もあったのでしょう~。

> 尾道は一度も行った事ありません。
> 旅してみたいです。

北海道からは遠いですよね・・・。
もしも良い機会があったら、坂ばかりの町ですが、
海の匂いがして、独特の雰囲気のある町ですので、行かれると良いですね~♪

ついでに向かいの因島とか、色々とあのあたりも良いのですよ~。
お薦めはちょっと離れていますが、備中高梁、山あいの城下町、
あんなにしっとりとした城下町は、なかなかありません。
山の上のお城まで、頑張って歩きましょう~☆
是非、いつか・・・。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -