FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-170) Fantastic Voyage (ミクロの決死圏) (2回目) 1966 , U.S.A.

  1. 1985/07/29(月) 23:00:00_
  2. リチャード・フライシャー
  3. _ comment:6
ミクロの決死圏



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



(間違えて464とカウントしてしまいました)
1985年7月下旬 (20歳~)
Directed by

深夜映画を VTR したけど
まちがえてて あと20分くらいの分 見られず残念でした




 
.


感想
とはいっても あとの残りの すじは わかるような 気が
しました また いつか 見られると いいなと 思いました

おもしろいと 思ったのは “敵”“敵”と皆が口にするとこ
いかにも ’66 U.S.A.映画で 時代が でてるなー
と思いました ソ連だよって わかるんだもん

それから ちょっと 残念だったのは 色があせてたこと
もっと きれいで 原版は 人を造るものの 色が きっと
おどろくべきもの だったでしょうに・・・ ねぇ

ミクロにされるとこ 不自然でなくて よかった
もちろん 今の技術でも 無理でしょうけど いかにも
こういうこと できそうでねぇ

1人1人の ACTOR,ACTRESS 決して 有名すぎる人は
いないんだけど 皆 手がたい演技 してて うまいから
安心して 見られました

将来 こういう技術 できるのかなぁ?



*********************************



2010年7月追記:

この映画には、なんと昨年、映画を見る事を再開してすぐに、BS2のオンエアで、再会できました!
「また いつか 見られると いいな」と書いたこの時から、実に、24年!ひえ~!

でも、3回目だったけど、去年見た画質が一番良かったのです!
やっぱり“デジタルリマスター”というやつでしょうか?
すっごくキレイで、この映画は、こういう美しい作品だったんだ~!と、ものすごく感激しました。

今は内容もよく覚えています。
保存したので、たまにコソッと(堂々とではなく)見たい作品です。
ビックリして、感心させられるし・・・ホントに良い作品ですネ~!



*********************************



初見時等の感想はこちら

ミクロの決死圏(66・米) ・・・ 1-170
ミクロの決死圏(66・米)(殿堂入り) ・・・ 1-170 



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=22660

監督:リチャード・フライシャー
主演:スティーヴン・ボイド




<<464・欠番 | BLOG TOP | (1-347) 青い珊瑚礁 (The Blue Lagoon) (二回目) 1979,>>

comment

再見したいけど

  1. 2010/07/10(土) 09:44:53 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
録画が重なったりしてなかなか再見できない作品です。デジタルリマスターされたものは、さぞや色鮮やかなんでしょうね~。ますます、観たくなりました。

今でも人が小さくなるのは無理っぽいけれど、ナノマシンの研究は進んでいるようなので、この作品のような治療も夢じゃないかも!?

こんにちは。

  1. 2010/07/10(土) 17:15:34 |
  2. URL |
  3. アスカパパ
  4. [ 編集 ]
こういう発想の映画は大好きです。多分、4~5回は観ています。そういえば、最も最近に観たオンエア作品は、デジタルリマスターで、見違えるほど綺麗でしたね。

>1人1人の ACTOR,ACTRESS 決して 有名すぎる人は
いないんだけど 皆 手がたい演技 してて うまいから
安心して 見られました

miriさんが仰る通りだったと、私も思います。
ストーリーが面白くて、そちらのほうに集中力が働いただけではなかったのですね。

最近の医学の進歩は、眼を見張るものがあります。(私事で恐縮ですが、今なら、私もお腹にメスを入れなくても治療可能になっています)この映画は、それを予言していたようにも思います。

トラックバックさせて頂きました。

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2010/07/10(土) 19:05:00 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントをありがとう~☆

> 録画が重なったりしてなかなか再見できない作品です。デジタルリマスターされたものは、さぞや色鮮やかなんでしょうね~。ますます、観たくなりました。

私は本当にうまい事、昨年、見られました。多分それがデジタルリマスターだろうと思える美しさでした。
宵乃さんも、次には是非、良い機会に恵まれると良いですね~~♪

> 今でも人が小さくなるのは無理っぽいけれど、ナノマシンの研究は進んでいるようなので、この作品のような治療も夢じゃないかも!?

そうですね、胃カメラのカプセル型ができたと言うニュースを聞いた時、この映画を知っている人は皆、
おぉ~!と思ったと思います。
多分この先も、人間は小さく出来ないけど、色々な「モノ」を小さくして、体内治療や検査はできるようになるでしょうね~!
良い事に、科学は使ってほしいし、神様の領分には入ってほしくないです☆

アスカパパさん、こんばんは☆

  1. 2010/07/10(土) 19:14:19 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントとトラックバックを有難うございます☆

> こういう発想の映画は大好きです。多分、4~5回は観ています。そういえば、最も最近に観たオンエア作品は、デジタルリマスターで、見違えるほど綺麗でしたね。

最も最近というのは、トラックバックの記事の時ですか?
昨年の初め頃・・・私はその再放送だったのでしょうか?初夏に見る事ができました。
この映画は、知っている人は、ついつい見てしまう・・・大作とか感動作ではなくても、
すっごく魅力のある作品ですね~☆

> miriさんが仰る通りだったと、私も思います。
> ストーリーが面白くて、そちらのほうに集中力が働いただけではなかったのですね。

有難うございます。
いまだに監督さんとか俳優さんとか、名前を聞いても分からないですけど、手堅かったと思います。
ストーリーももちろん、面白かったですよね~!
でも、昨今のお若い方は「東西冷戦」を肌でご存じないから、
その点だけは私たち世代以上の年齢の人のほうが楽しめると思います☆

> 最近の医学の進歩は、眼を見張るものがあります。(私事で恐縮ですが、今なら、私もお腹にメスを入れなくても治療可能になっています)この映画は、それを予言していたようにも思います。

胃カメラのカプセル型が出来たそうですね・・・人間以外の「モノ」はどんどん小さく出来そうですね!

・・・お腹にメスを・・・それはお見舞い申し上げます・・・きっとずっと以前の事ですね?
通院なさっているとは、その後の定期検査でしょうか?
今はご健康に映画とお野菜と、色々と楽しくお忙しくお過ごしで良かったです☆
どうか、いつまでも、お元気でいらして下さいね・・・。

やっと再見できました!

  1. 2012/11/14(水) 16:30:28 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
いやぁ、本当に美しい描写でしたね~。今の映画に慣れている人たちにはチープに見えてしまうみたいですが、その時代なりに合成も頑張っていたし、しっかり幻想的な雰囲気を作り出していました。
ツッコミどころもありますが、引き込まれて観ている間は気になりませんし。
アリンコをつぶせない大佐がお気に入りです。
あと、ヒロインが抗体に襲われて、引き剥がそうとする男性陣が心なしか嬉しそうに見えたり(笑)
ハラハラさせつつ、緩む瞬間もあって、最後まで楽しめました。
繰返し観たい作品ですね~。

Re: やっと再見できました!

  1. 2012/11/14(水) 18:52:57 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんばんは☆
コメントを有難うございます☆

> いやぁ、本当に美しい描写でしたね~。今の映画に慣れている人たちにはチープに見えてしまうみたいですが、その時代なりに合成も頑張っていたし、しっかり幻想的な雰囲気を作り出していました。

ハイ、製作年度を考えると、凄い映画だと思います☆

> ツッコミどころもありますが、引き込まれて観ている間は気になりませんし。
> アリンコをつぶせない大佐がお気に入りです。
> あと、ヒロインが抗体に襲われて、引き剥がそうとする男性陣が心なしか嬉しそうに見えたり(笑)
> ハラハラさせつつ、緩む瞬間もあって、最後まで楽しめました。
> 繰返し観たい作品ですね~。

仰るとおりですね~。
詳細が薄れかけているので、いつかまた再見したいです☆

素晴らしいイラストを拝見しました♪
のちほどお邪魔いたしますね~。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31