FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


9・帰らざる河

  1. 1975/05/16(金) 23:00:00_
  2. オットー・プレミンジャー
  3. _ comment:2
河・最新



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【西部劇】1954年、アメリカ

1975年5月16日(金)PM9:00~10:50 (中3)
監督 オットー・プレミンジャー
主演 マリリン・モンロー

○○さんが5月の始めにいってたから見た
ものすごくよかった すべてが




 
.


感想 内容よし、顔よし、うたよし、ムードよし
人間性よし、始めよし、さいごよし
あたたかさバツグン!
よかったなァ、とにかく人間があそこまでできるとか
さいごに子供が背中から悪者をやっつけたとか
女性と男性のほんとの心のゆれうごき
大西部のこわさ・・・おそろしさ、インディアン、ピューマ
~my diaryより~



****************************



2009年2月:追記

この作品を見て、マリリン・モンローを好きになりました。
私が生まれた前後に亡くなっていたのですが、
この頃も、今もまだ、ファンは多いですね。

私もモンローの文章のついた写真集を持っていました。
セクシーとか、全く意味は分からなかったくせに、
可愛い女性だと思ったのです。



再見時等の感想です

帰らざる河(54・米) ・・・ 1-9(2回目)
帰らざる河(54・米)(殿堂入り) ・・・ 1-9 
帰らざる河(54・米)(殿堂入り) ・・・ 1-9 
帰らざる河(54・米)(殿堂入り) ・・・ 1-9 




<<10・ボルサリーノ | BLOG TOP | 8・愛情は海の如く深く>>

comment

こんにちは!

  1. 2012/02/20(月) 14:29:29 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
本当は「いつか晴れた日に」より前に観終わってたんですけど、イラストの準備で遅れてしまいました。miriさんが、モンローを好きになったきっかけの作品とあって、彼女の魅力が一番引き出された作品でしたね。
わたしもこの作品を最初に観ていたら、苦手意識は持たなかったかも。
インディアンの描写や合成などは時代を感じましたが、モンローの歌はいつまでも色褪せる事はないでしょう。
わたしもジーパン姿の彼女がいちばん素敵だと思いました!

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2012/02/20(月) 18:41:23 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントとTBを有難うございます☆
お返事が遅くなってゴメンナサイね☆

> 本当は「いつか晴れた日に」より前に観終わってたんですけど、イラストの準備で遅れてしまいました。

いや~素晴らしいイラストですものね~。
オンエアがあった事は知っていたので、ちょっと気になっていたのです♪
素晴らしいイラストですもの。待っていた甲斐がありました。

> miriさんが、モンローを好きになったきっかけの作品とあって、彼女の魅力が一番引き出された作品でしたね。
> わたしもこの作品を最初に観ていたら、苦手意識は持たなかったかも。

そう仰っていただけて、本当に嬉しいです。
中3で、映画を見始めてすぐにこの作品を見て、吹き替えでしたが
歌は彼女の声だったので、あの歌声でコロリとやられたと思います。

宵乃さんもきっとこの作品から入って頂ければ
モンローは、いわゆるセクシーが売りのいやらしいような感じの女優ではないと、
分かって頂けたと思います。

> インディアンの描写や合成などは時代を感じましたが、モンローの歌はいつまでも色褪せる事はないでしょう。

あはははは・・・50年代の映画ですものね~。
色々とチャッチーし、どうにもこうにも失笑ですが、ご愛敬でお願いします♪
・・・あの歌声は、耳に、身体について離れません。

> わたしもジーパン姿の彼女がいちばん素敵だと思いました!

おぉ~嬉しいです!!!
作られた虚像の中に、きっと本名ノーマ・ジーンという田舎娘が垣間見える
そんなこの作品と、ジーパン姿ですね☆
今回は本当にありがとう~!
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -