FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


445・蒲田行進曲 1982、日本

  1. 1985/01/07(月) 23:30:00_
  2. 深作欣二
  3. _ comment:6
蒲田行進曲



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



1985年1月7日(月)9:02~11:10 (20歳~)

監督 深作欣二
 松阪慶子、風間壮夫、平田満

皆が いいよ、いいよと 言ってた あのころ、見にいくこと できなくて
月曜ロードショー なんて ホント、久しぶりです




 
.


感想
皆は どこを どう いいと 思ったのかなーって フト 思いました
CMが 多すぎて やっぱし ちょっと 気になりました
でも、1人で 見ていた おかげで 素直に 入ってきたの
ボロボロと 泣いてしまった

おまえを 好きに なれば なるほど この心が かなしいんだ

これは 平田くんの 映画かな って 思っちゃった 銀ちゃんは
うるさかった さいごの さいごまで いいと 思えなかった
小夏の変化と 生き方は すごく あの表情さえ 変える
松阪慶子の うまい演技によって とても 訴えるのよね
女だもの 生みたいの なんてねぇ
むちゃくちゃな 導入 そして 少し 決心して 田舎で ホント 決心して
(田舎の シーンも すごかったねぇ) ヤスの おくさん として
おなか 出るにつれ 心も体も 変わってきて… 銀ちゃんの 別れのシーンよかった
銀ちゃんの へや 一生けん命 そうじ するとこ よかったネ

あと 高見知佳や 原田大二郎や 蟹江敬三 うまかった
さすが 角川 (+松竹)と 思った つかこうへい 少し
好きに なった
ラスト あの病院の シーンで 終わらせると やっぱ うそっぽいし
深作の声と 皆が出てくる とこで 終わるのって いいのかも

3人の主演者 このえいが から それぞれ 変わったけど(昔に比べて)
やっぱ この えいがって いいのかも と 思う



***************************



2010年5月:追記

この作品の内容は、せつない部分とか、面白い部分とか覚えています。
この前オンエアしていたけど、見たくなくて、見ませんでした。

やっぱり銀ちゃん勝手過ぎで、ヤス可哀そう、というのが
ものすごく脳に焼き付いてしまっていて・・・。

つかこうへい、イコール この作品で、
あと私生活の事も色々と話題になっていたし、今もあまり好きではありません。

深作欣二、昨年末に「道頓堀川」を見て、初めて、イイと思いました。
結構本数見ているけど、何というか、ずっと長い間、苦手な監督だったのですが、
私も年齢重ねて、変わったのかもしれませんネ。



***************************



再見時感想はこちら  →  蒲田行進曲(82・日)(2回目) ・・・ 1-445 





<<446・疑惑 1982、松竹 | BLOG TOP | 444・Summer Time (旅情) 1955 、 Eng. >>

comment

こんにちは。

  1. 2010/05/23(日) 11:30:52 |
  2. URL |
  3. アスカパパ
  4. [ 編集 ]
「蒲田行進曲」は、佳い出来の映画だったと思います。
「道頓堀川」よかったですか。
公開当時、松阪慶子の派手な宣伝広告を見たのを覚えていますが、未見です。
深沢欣二監督作品は、「軍旗はためく下に」を観た時、凄い人だと思いました。
その後は、「仁義シリーズ」ばかり。このジャンルは苦手の部類でして、観なくなりました。
その後、オンエアーで、「復活の日」「火宅の人」「華の乱」を観ています。
全般的に、アクの強い監督さんだと思います。松阪慶子を、よく重宝されていますね。
古いレビューですが、一応、トラックバックさせていただきます。

アスカパパさん、こんにちは☆

  1. 2010/05/23(日) 15:12:12 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントとトラックバックを有難うございました☆

> 「蒲田行進曲」は、佳い出来の映画だったと思います。

そうですね・・・つかこうへいで深作映画ですから色々と話題になり、大ヒットしましたね。
私は封切り時に見に行けなかったので、この時のオンエアはすごく嬉しかった事を覚えています。

> 「道頓堀川」よかったですか。
> 公開当時、松阪慶子の派手な宣伝広告を見たのを覚えていますが、未見です。

昨年末BS民放でオンエアしていて、「深作かぁ~見たくないなぁ~」とか思いながら見たのですが、
案外良くて(特に真田広之が)ビックリしました。

> 深沢欣二監督作品は、「軍旗はためく下に」を観た時、凄い人だと思いました。
> その後は、「仁義シリーズ」ばかり。このジャンルは苦手の部類でして、観なくなりました。
> その後、オンエアーで、「復活の日」「火宅の人」「華の乱」を観ています。
> 全般的に、アクの強い監督さんだと思います。松阪慶子を、よく重宝されていますね。

私もずっと苦手で、深作 = ヤクザ映画(しかも嫌いなタイプ)という感じで避けていました。
松坂慶子は愛人だったとの事でしたが、他の監督とも噂があり、キレイなお顔でも良い感じを持てない女優でした。
最近は太ってしまって、ものすごく迫力のある演技で圧倒されています。結婚後は印象良いです。

明日も雨でしょうか?ちょっと肌寒い感じです。お気を付け下さいね~!

こんにちは!

  1. 2010/05/23(日) 17:33:03 |
  2. URL |
  3. なるは
  4. [ 編集 ]
こうしてブログにコメントさせて頂くのが
久しぶりになってしまってすみません。


この映画、私は観ていないのですが、
両親は良い作品だ、と言っていました。
なかなかこういう作品を観るタイミングって
むずかしいなぁと思っています。
TV放映(BSとかで)してくれればありがたいですが。

思い出させて頂いて
ありがとうございます。
miriさんの映画レビューを読むと、
いかに観忘れているものがある、ということに気づかされます!

ヒッチコックもそろそろいい加減、
観なきゃ!と思ってました。

なるはちゃん、こんばんは☆

  1. 2010/05/23(日) 20:43:53 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
お忙しいのにコメントを有難う~!

> この映画、私は観ていないのですが、
> 両親は良い作品だ、と言っていました。

そうなんですね?多分ご両親と私はほぼ同世代なので、この作品は大ヒットしたので、よくご存知だと思いますよ~♪

> なかなかこういう作品を観るタイミングって
> むずかしいなぁと思っています。
> TV放映(BSとかで)してくれればありがたいですが。

ちょっと前にBS民放(多分TBSか日テレだと思います)でオンエアしていましたよ。
私は見なかったけど・・・3月ごろ?かな?きっとまたオンエアすると思います。気付いたらご連絡しますね☆

> 思い出させて頂いて
> ありがとうございます。
> miriさんの映画レビューを読むと、
> いかに観忘れているものがある、ということに気づかされます!
> ヒッチコックもそろそろいい加減、
> 観なきゃ!と思ってました。

いえいえ、こちらこそ、なるはちゃんの新作レビューを読ませてもらうと、早くDVDレンタル来ないかな?とか
この作品はオンエアまで待っても良さそうね~!とか、とっても参考にさせてもらっています。

また遊びにいらしてね~!私も読み逃げではなくコメントもさせてもらいますね~!
では、今週も楽しく頑張りましょう~♪

こちらにも失礼します

  1. 2010/08/19(木) 09:51:39 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
これはこの間、日テレの月曜映画で観ました。
とっても楽しい雰囲気で始まったし、miriさんのおっしゃるように小夏の変化がとてもよかったです。ヤスにお弁当を届けに行く時、赤ちゃんがお腹を蹴って「もうっ、こんなところで蹴っちゃダメでしょ♪」と言うシーンなんかは、微笑ましくって顔がゆるみました。
でも、「おまえを 好きに なれば なるほど この心が かなしいんだ 」のセリフの直前に、ヤスが小夏のお腹を蹴ったのがショックで、ラストで赤ん坊を抱いてへらへら笑ってるのも許せなくなってしまって・・・。
前半が好きだった分、とても後味が悪かったです。

こちらもありがとう~!

  1. 2010/08/19(木) 13:28:37 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> これはこの間、日テレの月曜映画で観ました。

オンエアされたんですネ~!
つかこうへいが、他界したからかなあ?

> とっても楽しい雰囲気で始まったし、miriさんのおっしゃるように小夏の変化がとてもよかったです。ヤスにお弁当を届けに行く時、赤ちゃんがお腹を蹴って「もうっ、こんなところで蹴っちゃダメでしょ♪」と言うシーンなんかは、微笑ましくって顔がゆるみました。

詳しくは覚えていなくて・・・小夏ってバカな女という印象はありますけど、バカにも色々とあって
男性から見て可愛い女、という意味もある「バカ」です。

> でも、「おまえを 好きに なれば なるほど この心が かなしいんだ 」のセリフの直前に、ヤスが小夏のお腹を蹴ったのがショックで、ラストで赤ん坊を抱いてへらへら笑ってるのも許せなくなってしまって・・・。
> 前半が好きだった分、とても後味が悪かったです。

とにかく自分勝手で人を何とも思わないような感じで、当時、演じた風間君がそういう人間かと思ったくらいでした。
平田君はその点、得をしたとも言えますよね~!
激しい内容で、ちょっと今の時代には受け入れられにくい作品かもしれませんね・・・。

前にもオンエアしていたけど、見る気がしなくて録画もしなかったのです。
映画ファンなら一度は見ておきたい作品だけど、一度で結構な感じですよね。
本当に書きにくかったでしょうに、コメントを有難う~!
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31