FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


438・On Golden Pound (黄昏) 1982 , USA & Eng.

  1. 1984/11/25(日) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:2
黄昏



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



1984年11月25日(日) (20歳~) 

Directed by

オスカーを とった とか きいていたので 見ました
’82 なんていうと 全く 映画と 離れてしまった 年ですね




 
.


感想
「あぁこれ、いい映画だ」
ラスト前に 木々を 写したとこで 素直に 口から もれました。
そうね 古きよき アメリカ (そーゆーspiritということ これは現代の話) 
ってやつが ちゃんと入ってるのよね
パターンも 古いし 
そうも 大きい 事件ばっか という わけじゃ ないし

でも あの 老夫婦の愛は 本物で最高で うらやましい
と思ってしまった (ラスト前のとこ とくに)
Billyも いい子に なって ホントの ふれあい という ものを
知って
娘も 父と 和解 (かたくなく、要は体でネ)
できて よかったと 思う

キャサリン・ヘップバーンて 恐ろしいほど うまいね
H・フォンダも 年とったけど やっぱ いい役者で
これが 遺作 なんて 素晴らしいと 思う
J・フォンダも あいかわらず いい、うまいです

でも 金払って 見たら どうだったろう?



****************************



2010年5月:追記

この映画はフォンダ父娘の共演に、K・ヘップバーンなので、
すごい話題作だったし、オスカーも取っていたと思います。

でも、公開当時は映画をあまり見なくなっていたので、
テレビにオンエアされて、やっと見られたのだと思います。

老夫婦のシーンは覚えていますが、この感想文のような気持ちは
多分今はないような気がしますが、あまり再見したいとは思いません。



*******************************



☆ 2012年1月に再見しました ☆

記事は → こちら




<<ある人と映画についての話 | BLOG TOP | 青いターバンの少女 >>

comment

おはようございます。

  1. 2010/05/02(日) 08:22:49 |
  2. URL |
  3. アスカパパ
  4. [ 編集 ]
私のように、人生の黄昏時を生きている人間は、困ったことに、こういう映画が益々好きになって参ります。^^;)
若い頃は、それほどでもなかったのですが。
「黄昏」という映画は、2本ありまして、もう1本の方は、若い頃に観ましたので、miriさんと同じような感想だったと思います。
今は、両方の「黄昏」とも好きな作品となって居ます。
一応、miriさんがupされた「黄昏」をトラックバックさせて頂きます。もし気が向かれたらお読みください。
追伸:
毎日が日曜日の私ですので、連休は特に関係ありません。

アスカパパさん、こんにちは☆

  1. 2010/05/02(日) 15:31:40 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
いつもコメントとトラックバックを有難うございます☆
トラックバックの記事を読ませてもらいました。
もうそろそろ新しい「黄昏」という映画ができてもよさそうな頃ですネ!
そしたら3本になりますネ!!!

> 私のように、人生の黄昏時を生きている人間は、困ったことに、こういう映画が益々好きになって参ります。^^;)
> 若い頃は、それほどでもなかったのですが。
> 「黄昏」という映画は、2本ありまして、もう1本の方は、若い頃に観ましたので、miriさんと同じような感想だったと思います。
> 今は、両方の「黄昏」とも好きな作品となって居ます。
> 一応、miriさんがupされた「黄昏」をトラックバックさせて頂きます。もし気が向かれたらお読みください。

今は「7掛け人生」とかいうそうですので、
アスカパパさんもまだまだ黄昏時には遠いのではないでしょうか?

> 追伸:
> 毎日が日曜日の私ですので、連休は特に関係ありません。

ハイ、専業主婦の私も、毎日同じです。お盆お正月・GWなどの連休の方が忙しいのです・・・。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -