FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


89・伊豆の踊り子 

  1. 1976/03/04(木) 17:30:00_
  2. 西河克己
  3. _ comment:2
伊豆の踊子



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【文芸映画】 1974年・日本

1976年3月4日(木) PM2:20~3:40 (中3)
監督
主演 山口百恵、三浦友和

“三年生を送る会”で見たのです
見たくてしょーがなかったので 見れてうれしかった




 
.


感想 かわいそうだった
    あれきり あえなかった2人、あのまま きっと 不幸なまま
    終わったであろう 踊り子の人生 すなおで純すいな かほる
    エリートコースをとおって たぶん一生 踊り子を思いつづけて
    幸せながらも みちたりずに おわったであろう 書生の人生
    あれきりあえずに、それでもきっとずっといつまでも2人
    おいもとめつつ・・・きっと愛しあっていても別れる人も
    いるのかもしれない・・・
    別れてしまった2人・・・どうして?愛しあっていながら・・・



*****************************



2009年2月:追記

なんだか、この感想を読むと、本当に自分では一人前のつもりだったけど、
全然、子供だったんだなと再確認

書生にとっては、何でもない出来事、だったと思う、今の私には
踊り子にとっては、初恋、そして日々の生活とは相容れないもの
そんな風だったのではないか?と思います。

この二人の映画は何本か見ましたが、
テレビドラマでも、ずっと一緒だったし、あの頃はそれが受けたんだよね~!
時代を感じます・・・
明星、を読んで、この映画を見たかったのです
特に百恵ちゃんの大ファンではなかったんだけど・・・。



****************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=144913

正しいタイトル:伊豆の踊子
監督・:西河克己



再見時感想はこちら  →  伊豆の踊子(74・日)(2回目)・・・1-89




<<(1) 続・夕陽のガンマン (2回目) | BLOG TOP | 88・三つの恋の物語り>>

comment

観やすい作品でした

  1. 2011/10/02(日) 13:25:20 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
百恵ちゃんが初々しくって、本当に可愛い頃ですよね。miriさんがずっこけたセリフには、わたしも「え?」と思った覚えがあります。
書生さんにとって、この出来事は”苦い思い出”としてずっと心残りだっただろうなぁと思います。でも、思い出にしてしまった時点で、踊子とは立場が違ったのかな。彼女にとっては、この生活から抜け出す希望でもあったと思うし。
ラストの踊子がやくざものに絡まれるシーンが後味悪かったです。

あと、ワインのドキュメンタリー映画、わたしも観ましたよ。個人の利益のために伝統が失われているのが悲しかったです。・・・お酒は飲めないから、わたしにはあんまり関係ないことだけど。

Re: 観やすい作品でした

  1. 2011/10/02(日) 19:51:49 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんばんは☆
コメントを有難うございます。

> 百恵ちゃんが初々しくって、本当に可愛い頃ですよね。miriさんがずっこけたセリフには、わたしも「え?」と思った覚えがあります。

本当にそうですね~。
女優としては第一作ですからね~。
あのセリフは、監督さん、何故後で撮り直さなかったのかしらん???
もしかして、わざと残したのかも???(爆)

> 書生さんにとって、この出来事は”苦い思い出”としてずっと心残りだっただろうなぁと思います。でも、思い出にしてしまった時点で、踊子とは立場が違ったのかな。彼女にとっては、この生活から抜け出す希望でもあったと思うし。

踊り子は、まだ子供だったので、あまり詳しい事までは思いつめていなかったと思うのです。
でも、約束したはずの、お正月にも島に来てくれず、
年齢が行ったときに、やっと、アレが初恋で、身分が違ったのだと、思い知ったと思います。

書生さんは、性格は悪くないのでしょうけど、
何と言っても「上から」ですからね~1から10まで全部!
その事を、やっぱり後で思い知り、宵乃さんの仰る「苦い思い出」に変わったのだろうな~と
思いました。

> ラストの踊子がやくざものに絡まれるシーンが後味悪かったです。

本当にあのシーンをラストにした事によって、この映画は映画としての価値は上がったと思います。
船に手を振るシーンで終わりでは、後味は良かったと思いますが、深みがなくて・・・
踊り子の今後が(生涯が)見えるようなラストシーンでしたね・・・。

> あと、ワインのドキュメンタリー映画、わたしも観ましたよ。個人の利益のために伝統が失われているのが悲しかったです。・・・お酒は飲めないから、わたしにはあんまり関係ないことだけど。

本当にあの映画を見て心底ビックリしました。
大資本が、全部やっているのだという事実!!!
ぎょえーっと思いました。

私は自分の好きなワインは自分で見つけたいし、批評家の書いたモノは
ワインでなくとも、一切信じない方が良いなぁと思ったくらいです。

宵乃さんもお酒は飲まれなくても、一事が万事こうなっていると思うと、
関係ないとも言えないのではないでしょうか?
お互い良い勉強になりましたね~!!!

あと、先週のコナン見ました。
もっと早く書かなくてはならなかったのに、ごめんね!
キッドはそういう事だと思っていたのですが、
やっぱり毎週のアニメと、年一の映画では、出来が違うように思いました。
これからも、キッドの回は見たいなぁと思いました。お知らせ、有難う~!

あと、私は未見ではない映画の感想以外は読んでいませんし、
あまり毒は感じませんでした。ご心配有難う☆
駄作映画については、またいつかお話しましょうね~(爆)
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -