FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


425・brother sun sister moon (ブラザー・サン・シスター・ムーン)1973、Itary

  1. 1984/07/07(土) 23:00:00_
  2. フランコ・ゼフレッリ
  3. _ comment:2
ブラザーサン・シスタームーン



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



1984年7月7日(土) (20歳~)
Directed by フランコ・ゼフレッリ

前から 見てみたいな とは 思ってました




 
.


感想
なんだかねぇ 胸を 打たれたの やっぱり
ミュージカル とは 言えないけれど 数々の うたの中で
♪brother sun sister moon♪ この一節 心に 残ってるの
十字軍の頃で 裕福な家の めちゃめちゃ やる子 フランチェスカ
戦争へ 行く前で クレアの せわしてる らい者たちにも 目をそむけ
戦争から 帰り 悪夢のあと 小鳥を 追いかけること から始まって 
1つ1つ わかってゆく
突然に すべてが わかるまで わかってからも
数々の 人間の 人生の むなしさ、差別の あって いいはずないこと
そして それと 対する 自然の 美しさ
草と風と小鳥と なんか 見せられちゃって

神さまは フランチェスカを 選んだのかも しれないし
皆に 同じことを 与えているのかも しれないし
クレアも 目ざめ 一緒に やっていく、司祭からの
迫害から ローマに行くこと、パウロも さいごは ついてきて、
法王は アレック・ギネスで 芸達者だわ

聖・フランチェスカ というの だから 知られた人 だろうけど
私は 知らない

只 この映画 とても よかったのは 文句なしに 美しい景色と
美しい歌と クレアと フランチェスカが 輝いてたこと
フランコ・ゼフレッリ だもんねぇ
そして ラスト はだしで 歩く フランチェスカと そこで 終えたこと
後の 彼の人生を 見せなかったこと よかったと 思った



****************************



2010年4月:追記

この映画は、一部分ハッキリと覚えています。
(美しい風景、悪い頃の彼、彼女の変わらない心、悟った時、その後・・・・)
全体の流れも、なんとなく覚えています。
あの歌は、耳に心地よく残っています☆

「聖」とついている人だけど、そうなる前のヤンチャな頃からの彼の人生を追う作品で、
良かったと思います。

フランコ・ゼフレッリ・・・ロミオとジュリエットの監督、だから
とても美しい作品だっただろうな~、と、思います。
再見の機会があると嬉しいです☆



****************************




http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=20241
製作年国:1972年・イタリア / イギリス
正しい邦題:ブラザー・サン シスター・ムーン
主演:グレアム・フォークナー



****************************



再見時等の感想はこちら

ブラザー・サン シスター・ムーン(72・伊/米)(2回目) ・・・ 1-425
ブラザー・サン シスター・ムーン(72・伊/米)(殿堂入り) ・・・ 1-425






<<426・旅路の果て 1939、フランス | BLOG TOP | 5冊目のノートが終わりました。>>

comment

再見の後押し、ありがとうございます

  1. 2015/03/19(木) 22:43:19 |
  2. URL |
  3. 鉦鼓亭
  4. [ 編集 ]
 miriさん、こんばんは
 昨日は睡魔に負けました(汗)

主演陣が有名は俳優ではないからこそ良かったですね☆>
役者さん達、皆、良かったです。
鳥まで達者で。(笑)
そんな中、アレック・ギネスの重量感は流石でした。
母親役はヴァレンティナ・コルテーゼでしたが、1年後に「アメリカの夜」なんですね。
顔カタチが随分違ってて吃驚しました。
でも、この作品では、雰囲気が良く出てて地味だけど適役だったと思います。

サン・ダミアーノ教会と背景が映る美しいシーン。
よく見つけたなと思うくらい素敵な場所でした。
(日本だと、間違いなく国立公園内だから建築物、建てられません(笑))
神と自然を掛けがえのないものとした、フランチェスコにふさわしい所だと思います。

全体的に、解り易く、共感しやすい作品。
再見出来て、良かったです。

Re: 再見の後押し、ありがとうございます

  1. 2015/03/20(金) 10:19:09 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
鉦鼓亭さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> 主演陣が有名な俳優ではないからこそ良かったですね☆>
> 役者さん達、皆、良かったです。

ハイ、本当に☆

> 鳥まで達者で。(笑)

撮影時に、神が降りて来たんですよ♪

> そんな中、アレック・ギネスの重量感は流石でした。

ハイ、一人だけスターでよく効いていました☆

> 母親役はヴァレンティナ・コルテーゼでしたが、1年後に「アメリカの夜」なんですね。
> 顔カタチが随分違ってて吃驚しました。
> でも、この作品では、雰囲気が良く出てて地味だけど適役だったと思います。

あ、そういう方だったんですネ?
全然知らなかったです。
そちらの映画も再見したくなりました(笑)。

> サン・ダミアーノ教会と背景が映る美しいシーン。
> よく見つけたなと思うくらい素敵な場所でした。
> (日本だと、間違いなく国立公園内だから建築物、建てられません(笑))
> 神と自然を掛けがえのないものとした、フランチェスコにふさわしい所だと思います。

40年以上前なのでね・・・いま現在だと、東ヨーロッパか
北〇〇くらいにしか見つけられない場所かも?(笑)。

> 全体的に、解り易く、共感しやすい作品。
> 再見出来て、良かったです。

ハイ、お互いさまで、本当にご縁に感謝です。
これからも宜しくお願い致しますね・・・

・・・というわけで、楽天レンタルには
「マダム・イン・ニューヨーク」は、置いてありません(泣)。
「きっと、うまくいく」は、貸し出し中で、もしかしたら常に貸し出し中なのかも?

さて、どういたしましょう???


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -