FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1953  ボヘミアン・ラプソデイ 

  1. 2019/01/12(土) 23:00:00_
  2. ブライアン・シンガー
  3. _ comment:4
BOHEMIAN RHAPSODY  (ボヘミアン・ラプソデイ)  2018年・イギリス/アメリカ



ボヘミアン・ラプソデイ





 



2019年1月12日(土)  ドルビーアトモスの映画館にて

監督  ブライアン・シンガー
主演  ラミ・マレック



感想の前に

私はその世代なんでしょうけど、
映画を好きになってから長い間洋楽には興味がなく、
「クイーン」も名前を知っているだけで、今まで全く音楽は聴いたことなかったのです。

昨年12月24日にNHKでオンエアされた
世紀を刻んだ歌 ボヘミアン・ラプソデイ殺人事件」を見て
この歌や「クイーン」に、とても興味を持ったので、この映画を見たいと思い、
お婆さんもずいぶん落ち着いてきたので、サッと行ってきました!

老若男女来ていたけど、もう長く上映しているし、
ほぼガラガラ状態でした。 ・・・40人くらい???



感想

お父さんと和解というか、同じものを目指していたのだと
分かりあえたシーンは涙が出ました。
もちろん、お母さんにキスを送ったそのシーンも。
彼は放蕩息子ではなく、やはりホームを持っていたのだと信じます。

あの番組(世紀を刻んだ歌 ボヘミアン・ラプソデイ殺人事件)
お母さんが出ていたから余計にグッと来たのでしょうね。

メアリーさんの事やその他大勢の今現在生きている人の
全てに良い顔の出来るわけはないから
こういう作品になったのだと思うし、それで良いと思います☆

あの人物だけを悪者に描いているわけでもないとは思うんだけど
「博士と彼女のセオリー」のように主人公が生きているわけではないから
精一杯の表現になったのだと思います。


もちろん省略やいろいろとあるとは思うけど
「クイーン」の歴史ではなく、
フレディ・マーキュリーその人を
唯一無二のその人を描いた作品として、
素晴らしかったと思いました。


「Ⅹメン」の監督だし、どうかなあ?って思ってはいたのですが
ラストシーンと自然な流れのエンドロール前の事実の字幕と
ライブ映像を使ったエンドロールは、ホントに良かったですね!

ジムさんとメアリー夫妻の3人が袖で見ていたのが印象的。
この3人は愛していたんだと、真実思いました。

メアリーさんの夫さんはすごいよね、全部飲み込めるから・・・
もちろんメアリーさんも普通の女性では絶対に耐えられないと思うよ、
だからみんな、性別とか恋愛を乗り越えた「たましいのつながり」だったんだろうね。


ドルビーアトモスの映画館で映画を初めて見ました。


この映画は音楽が中心の部分とドラマ部分がほどよく織り交ぜられていて、
最後のライブエイド(そういえばそういうのあったけど、興味なかったんです、洋楽には)を
はじめとした音楽の部分は、ものすごく迫力があって素晴らしかったし、
ドルビーアトモス以外で見た場合とは全然感想が違うんだろうなって思いました。

ドラマ部分はうるさいとは思わなかったので、技術って凄いよね。
技術と言えば、今現在、息子がPC1台で音楽を作るのがものすごくチープな感じ。
彼らの初期にそれがあったらどうだったんだろうなあ?

彼らと言えば、フレディ以外の3人とも激似で、本人かと思ったよ(笑)。
フレディ、って書くのもつらい、出生名を「芸名でなく」変えるなんて、親だったら・・・。

と、この映画の感想は果てしなく続くのでありました。

※ただ、タイトルにはなっていてもあの歌が全部は流れなかったので
「世紀を刻んだ歌 ボヘミアン・ラプソデイ殺人事件」の方が
より興味を持って見られたと思いますし、
その番組を見なければこの映画は見なかったので、ご縁に感謝です♪



追記:猫ちゃんをお好きな方にも楽しめるシーンがあると思います



この映画の結末

事実の通り。




<<5-1594  張り込みプラス | BLOG TOP | 5-1592  ハード・ウェイ>>

comment

  1. 2019/01/15(火) 16:48:13 |
  2. URL |
  3. しずく
  4. [ 編集 ]
ドルビーアトモスの映画館で鑑賞しただなんて羨ましいです。普通で観ても迫力ある映像だったから、さぞさぞライブ感満載だってでしょうね。
今日、福岡の友人から本作を観て感激したという葉書をもらいました。私より少し年上のご夫婦で、今まで縁のない分野だったのに素晴らしい作品に心動かされたと書いてありました。

>タイトルにはなっていてもあの歌が全部は流れなかったので
「世紀を刻んだ歌 ボヘミアン・ラプソデイ殺人事件」の方が
より興味を持って見られた

全く同感でした。もっとボヘミアン・ラプソデイ作品自体を描いて欲しかったなぁ。NHKの番組に感謝しています。

しずくさん、こんにちは☆

  1. 2019/01/16(水) 09:35:08 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> ドルビーアトモスの映画館で鑑賞しただなんて羨ましいです。普通で観ても迫力ある映像だったから、さぞさぞライブ感満載だってでしょうね。

それが見る前は、100円高いけどそう変わらないのでは?
なんて思っていたのですが、
いやはや、迫力、大迫力、違いました!

> 今日、福岡の友人から本作を観て感激したという葉書をもらいました。私より少し年上のご夫婦で、今まで縁のない分野だったのに素晴らしい作品に心動かされたと書いてありました。

多くの人の心に響く作品かもしれません。
もしかしたら、クイーンに詳しい人には
そうでない私たちよりは不評なのかも???(笑)

> 全く同感でした。もっとボヘミアン・ラプソデイ作品自体を描いて欲しかったなぁ。NHKの番組に感謝しています。

そうですね、でもまあそれだけで2時間の映画にはならなかったような気が・・・。
NHKの番組に切っ掛けをもらって良かったし、
しずくさんにも見て頂いて良かったです☆


.

  1. 2019/05/05(日) 10:08:46 |
  2. URL |
  3. take51
  4. [ 編集 ]
おはようございます!ご無沙汰をしてました・・(^^ゞ

やっと見ることができました!4月の感涙祭の映画のつもりが、
レンタルも流石に残って無くて・・

前評判とアカデミー賞作品というと肩透かしをくらうことが
多い気がしますが、この映画は違いました。本当に良かったですね!(^^)

miriさんはアトモスで見られているんですね!
いいですね!この映画はアトモスでこそ、で作られているようです。
うちでも良かったのですが、話に聞くほどではなかったので・・(^^ゞ

>お父さんと和解というか、同じものを目指していたのだと
分かりあえたシーンは涙が出ました。

ここは良かったですね!ソロになり一人になって、その大切さに
気づいたのでしょうか??それまでは群がるハエの影響で一時、迷走して
いたような気もします。けど、あそこは涙しました!!

>彼は放蕩息子ではなく、やはりホームを持っていたのだと信じます。

ですね!家族という繋がりには相当こだわってましたよね・・

>フレディ・マーキュリーその人を
唯一無二のその人を描いた作品として、
素晴らしかったと思いました。

僕は世代ではなく、クイーンはあまり聴いてませんでした。
もっとロックな音楽かと思えば、繊細で素敵な曲が多かったんですね!
「昔は良かった・・」なんて言いたくないですが、クイーンにせよレッドツェッペリンなど
昔の曲の方が好きです。年をとったのでしょうか??(笑)

>メアリーさんの夫さんはすごいよね、全部飲み込めるから・・・
もちろんメアリーさんも普通の女性では絶対に耐えられないと思うよ、
だからみんな、性別とか恋愛を乗り越えた「たましいのつながり」だったんだろうね。

ですね~、ちょっと考えられないくらいです(^^ゞ
メアリーさんも本当に凄いです。映画用に誇張されてないか??
と思ったくらいですので・・(^^ゞ


>この映画は音楽が中心の部分とドラマ部分がほどよく織り交ぜられていて、

久しぶりの凄い大作でした!ストーリーも素晴らしかったですが、音も凄かったので!!
頑張って部屋をアトモス仕様にしたくなったくらいです(笑)

>「世紀を刻んだ歌 ボヘミアン・ラプソデイ殺人事件」

これはレンタルには無さそうですね・・
何とかして見てみます!(^^)

miriさん、相変わらず大変そうですが
くれぐれも無理をされないように・・m(_ _)m

take51さん、こんばんは☆

  1. 2019/05/05(日) 22:44:42 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> おはようございます!ご無沙汰をしてました・・(^^ゞ

コメントを有難うございます☆
こちらこそ、ご無沙汰しております。

> やっと見ることができました!4月の感涙祭の映画のつもりが、
> レンタルも流石に残って無くて・・

良い機会でしたね!!!
借りられて良かったですね♪

> 前評判とアカデミー賞作品というと肩透かしをくらうことが
> 多い気がしますが、この映画は違いました。本当に良かったですね!(^^)

そうですね、私もそう思います。

> miriさんはアトモスで見られているんですね!
> いいですね!この映画はアトモスでこそ、で作られているようです。
> うちでも良かったのですが、話に聞くほどではなかったので・・(^^ゞ

素人でよく分からないくせに、100円余分に支払ったせいか
物凄く良い音に聞こえました(笑)。
take51さんも行かれたことのある「東宝シネマズ○○○モール」です☆

> ここは良かったですね!ソロになり一人になって、その大切さに
> 気づいたのでしょうか??それまでは群がるハエの影響で一時、迷走して
> いたような気もします。けど、あそこは涙しました!!

やはり彼は、愛されて育ったのだと信じます☆

> ですね!家族という繋がりには相当こだわってましたよね・・

一見そう見えなかったからこそ、涙が出ましたよね・・・。

> 僕は世代ではなく、クイーンはあまり聴いてませんでした。
> もっとロックな音楽かと思えば、繊細で素敵な曲が多かったんですね!
> 「昔は良かった・・」なんて言いたくないですが、クイーンにせよレッドツェッペリンなど
> 昔の曲の方が好きです。年をとったのでしょうか??(笑)

私はその世代なのに全然知らなくて(笑)。
・・・音楽でもお菓子でも(映画でも)、こう書いては申し訳ないけど

私の青春時代・あのずぼらで愛すべき70年代に作られたものが
いまでも一番輝いていますよね~!

> ですね~、ちょっと考えられないくらいです(^^ゞ
> メアリーさんも本当に凄いです。映画用に誇張されてないか??
> と思ったくらいですので・・(^^ゞ

まあ存命中の人物については悪く描きにくいからアレですが
彼女はホントにお姉さんみたいに世話していたと
日本に来た時の係の人が書いていました(パンフレットで)。

日本に来た頃からもう、フレデイは彼氏を連れて一緒に泊まっていたそうで
それをメアリーさんは姉のように・・・だそうです。

> 久しぶりの凄い大作でした!ストーリーも素晴らしかったですが、音も凄かったので!!
> 頑張って部屋をアトモス仕様にしたくなったくらいです(笑)

take51さんとこういう系統の映画でお話しできたのはあの
「レ・ミゼラブル」以来のように思います!

是非、アトモス仕様の導入を(こつこつとお金をためて)
ご検討くださいね~!

>「世紀を刻んだ歌 ボヘミアン・ラプソデイ殺人事件」
> これはレンタルには無さそうですね・・
> 何とかして見てみます!(^^)

これはyoutubeにあったそうです。
しずくさんが鑑賞されました。

> miriさん、相変わらず大変そうですが
> くれぐれも無理をされないように・・m(_ _)m

有難うございます!
日本では多くの人が経験することですので
親の事ですので頑張り過ぎないように頑張ります!

優しいお言葉を有難うございました(ペコリ)。
遅くなったので、take51さんの記事には、明日お邪魔させていただきますね~♪


.


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -