映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-58  女と男の名誉

  1. 2013/10/12(土) 22:30:00_
  2. ジョン・ヒューストン
  3. _ comment:0
Prizzi's Honor  (女と男の名誉)  1985年・アメリカ



女と男の名誉




 
.


2013年10月12日(土)  BS3

監督 ジョン・ヒューストン
主演 ジャック・ニコルスン

感想
まぁとにかく気に入らない、いまひとつな作品だった、残念。

***************************

以下、「忘却エンドロール」さんとのやり取り。

監督と主演の名前で「チャイナタウン」を思い出すのが
人情ということで・・・。

>その辺りから、メイローズの中でくすぶっていた黒い炎が見え始め、怖~い女の復讐が始まります。
>彼からの電話に、表情を輝かせるのと同時に朝日が差し込む演出が印象的。

悪女がお好きと仰る宵乃さんには面白い作品だったのかも?

彼女(女優、監督の娘)は、ニコルスンとパートナーだったそうで
鑑賞後に知り、なんとなくガックリでした。
それを知る前にも、この作品はなんとなく、面白くなかったです。
全体的に「中途半端」という感じでした。

>「女と男の名誉」…その違いを考えさせられるブラックユーモア溢れる作品でした。

名誉・名誉って言っていましたよね~!
「バラキ」を再見した直後なので、ちょっと面白くなかったです、残念☆



<<5-59  ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア | BLOG TOP | 5-57  吸血鬼 【ボローニャ復元版】>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -