映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-527)  事件  (2回目)

  1. 2013/11/24(日) 22:30:00_
  2. 野村芳太郎
  3. _ comment:0
再見  事件  1978年・日本



事件 新DVD画像




 
.


2013年11月24日(日)  レンタルDVD

監督 野村芳太郎
主演 誰だ?

感想
初見時感想は素直に書いてあると思いました。
今回ネットで調べたら、わりと評価が低いので
どうしてかな~?と考えたときに、

最近の様々なサスペンスドラマ等を見て育った世代には
なんというか・・・もどかしい?のんびりとした?展開なのかもしれないな~
と思いました。

昭和のこの頃(製作53年:高3です)を知っているモノとしては
素晴らしい法廷モノであり、サスペンスであり、人間ドラマであると思いました。

初見時は、結婚していたけど子供を授かる前で、その時には分からなかったけど
今回一番思ったのは、ただ詰め物でお腹を大きくしているだけではない、
大竹しのぶの、あの妊婦の演技(初期から臨月まで)が、凄いな~と。

ラストはあの顔ばっかり印象に残りそうですが、
私はあの歩いてゆく「足」の感じが、あぁ妊婦~!!!それも臨月!!!と
感激しました。

女優だから当たり前かもしれないけど
やっぱり監督の演出が素晴らしいのだと思います。

女は身ごもったことを知った時から、強くなるのです。
それは多分男性には決して分からない、スピードと、力と、そう「根を張った強さ」です。

そんなヨシ子に、ハツ子は負けたのかもしれない・・・
姉妹とそうなるなんて、男が悪いんだけど、
19歳のヒロシ君には、仕方ないことだったのかもしれない。

この後、家庭を持ってどうなるか分からないけど、
あの出来事は、やっぱり暗く影を落とし、初恋は、きっと不幸に終わると思いました。

何と言っても、「死んだかどうかちゃんと調べもせずに棄てるのは」ダメだし、
あのヒモだって、見ていたなら警察に電話しなくては!!!(罪にならないの?)
皆が寄ってたかって、ハツ子を殺した・・・

でもそれは「あんな男と再婚した自分が一番悪い」と、
残った子供と(孫と)生きるしかない、乙羽信子演ずるお母さんの慟哭が

正確に分かるというのでもないけど
長女を、次女の夫に殺されることは、正確には分からないけど)
やっぱり深いところで、分かるような気がする・・・それが、

初見時には全く分からなかった、今回の私の一番の感想です。
(男性(男優)陣については、初見時感想と同じで、特に発見したこともなかったです)



初見時感想はこちら  →  事件(78・日) ・・・ 1-527 





<<(1-449)  間違えられた男  (2回目) | BLOG TOP | 5-124  (500)日のサマー>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -