映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(2-126)  廃市  (2回目)

  1. 2017/06/21(水) 22:30:00_
  2. 大林宣彦
  3. _ comment:0
廃市  1984年・日本



廃市




 
.


2017年6月21日(水)  日本映画専門チャンネル

監督 大林宣彦 
主演 小林聡美

感想 
15年も前に見ていたのに、序盤から中盤はほとんど覚えていました。
でも不思議なことに、その後の重要な部分がすっからかんで(笑)
見ることを楽しむことは出来たのですが、
全部見終わって、やはり中盤までは好きな話だから覚えていて、
それ以降のあのあたりが、どうにもこうにも好きではないので覚えていなかったんだろうなと
納得できました。

役者もね、ちょっと私的に納得できない人ばっかりで、
特に峰岸と根岸のカップルは、いくつサバ読んでいるのか?と思うし、
小林は昔から好きだけど、どうしても中年以降より前だと
金八の飛行機ぶんぶんが目に浮かぶので、
こういうおとなしやかな役柄が、プッて吹き出しそうで
「さびしんぼう」もいまいちな使われ方で、監督の小林の使い方が
私は無理です?

それにしても、一人称の役柄の山下の下手なこと下手な事、
他の3人が上手だから目立つし、

尾美くんは、最後に何かやらかすとは思っていたけど、
おせーんだよ、って(笑)
もちろん自分も好きなんだろうけど・・・

尾美と山下が小林を見て、尾美を女中が見て、
っていうのを見ていたら「真夏の夜の夢」か?
と思ったけど、別原作でした。

とにかく再見したことは良かったけど
初見時感想が短いのも、もちろん忙しい時期だったのもあるけど
この映画には書きようがないという、同じ意味を感じました☆



初見時感想はこちら  →  廃市(84・日) ・・・ 2-126 





<<5-1292  おみおくりの作法 | BLOG TOP | (5-524)  恋愛だけじゃダメかしら?  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -