映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1290  草原の輝き

  1. 2017/06/16(金) 23:00:00_
  2. エリア・カザン
  3. _ comment:0
SPLENDOR IN THE GRASS  (草原の輝き)  1961年・アメリカ



草原の輝き




 
.


2017年6月16日(金)  BS3

監督 エリア・カザン
主演 ナタリー・ウッド

感想
そうか、61年か・・・やっぱ特別な目で見てしまう(笑)

ナタリー・ウッドって演技がうまいんだね、初めて思った?
それに比べてこの男、下手もいいとこ、生きてたらジミーの役柄だろうしね?

内容はまあそうなってそうなるんだろうと、最初に1928年になっていたから、
あの親父がどうなるかはその字幕で分かったし、
親子の絆というか、縛りというか、現代よりもより深く悪い方に強い時代で仕方ないけど、
男主人公の父親、女主人公の母親、が強くてうるさくて、子供が反抗できない仕組みで、
その相手はだんまりで?虐げられて、でもいざという時に助けてくれたり、そうでもなかったり、

男主人公がおかしくなる切っ掛けの、姉の行状だけど、
そのシーン以降全く出ずに交通事故で死んだ的な話になっていてちょっとご都合が???
女優が事故にあったのか?と思うくらい不自然で変だった。

あとじえだけど、株が暴落する前にあんなに立派な施設に入って、
医者の結婚相手まで見つけてすげえな、この話は小説か?

医者も親に𠮟られただけみたいで、まあ女は母親から逃げれて良かったしね。

さて、男主人公の行くえですが、あのイタリア女性はふところが深くて良いよね~
イタリアのマンマ的で。

結局さ、人は人の親になるまでが青春という事の確認だよね、
あの可愛い子や、大きなお腹見て、だれもなにも言えるわけないし。

あの二人が高校卒業とともに、結婚して農業学校行ってても、
うまくいったかどうかは誰にもわからないしね。

でも男主人公の心変わりのシーンはもうちょっと説明しないと、そっちだけが悪くて、
女主人公は国語の授業がきっかけで精神を病むのが発症したことになってしまうけど、
恋愛だからお互い様だよね、どうしてもなら、家を出ることもできたし、
それができないのがその時代でもあるだろうけど・・・

二人の子供の世代が、自由に生きるアメリカ人になれれば良かったんだけど、
1933年生まれとして、45年は13歳、大丈夫だね、良い世代だね、それが
じっさいこの俳優たちの世代かもね?

あれこれまぜこぜにして引っ張る力の強い作品でした☆




<<5-1291  キング・アーサー  (2017年版) | BLOG TOP | 最近のオンエアについて、言いたいこと。>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -