映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-670  月夜の恋占い

  1. 2015/01/19(月) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
LE BATTEMENT D'AILES DU PAPILLON  (月夜の恋占い)  2002年・フランス



月夜の恋占い





 
.


2015年1月19日(火)  レンタルDVD

監督 ロラン・フィロード
主演 オドレイ・トトゥ

感想
軽そうなタイトルのフランス映画なので見たのですが、
邦題は「嘘ばっかり」的なつけかたで、
邦題から想像するのとは全然違う内容です。

原題はアレ!?って感じ?
そう、そちらの映画「バタフライ・エフェクト」と同じような意味なのですよね~。

まぁそちらのハリウッド映画ほどは大袈裟ではない
(何回も戻ったりしていましたものね~)けど、
この映画はなかなか味わいのある作品でした。

もうちょっと演出が良かったり、俳優陣がインパクトがあれば別ですが、
おとなしく、小さくまとまり過ぎているというか・・・
もう少しうまくいけば、往年のジュリアン・デュヴィヴィエ監督作品のようになったと思います。
そのあたり残念でしたが・・・一種のオムニバスとも言えない事もない感じでした。

俳優で名前が通っているのはオドレィ・トトゥさんだけですが、
2000年の映画で「アメリ」より前ですし、可愛いというか
まだちょっと幼ささえ感じられそうな・・・そんな

最後まで見たが、ダメだった。
回収できていない伏線だらけで、どういうこと?
この監督はまだ未熟で、映画撮る資格なし。
オドレイ・トトウだけを目当てで見る人にはOKだけど、それ以外の人にはダメだし、
デュヴィヴィエだなんて、とんでもない!!!

最低でもあのばあさんの始末をつけてほしかったし、
あの男が奥さんと愛人の両方から袋叩きにされてほしかったし、
若い二人もただ顔を見るだけではね?
カバン取られた人、美術館の倍とひとつマトモに出来ない人、色々と居たけどね・・・
独り言言う人と、タクシーの運ちゃんだけがまともだったか???
職安の人、まつしたゆきにそっくりだった笑。

月夜と言うよりも金星の夜では???

あとさ、とにかく散漫な印象が強く
「巴里の空の下セーヌは流れる」を見て、勉強し直せ!とプンプンまる。

特に毒はないので、「〇」かな・・・。
やっぱどう考えても、伏線の回収がないのがおかしいから、「〇△」以下だと思います。
残念。




<<5-671  近松物語 | BLOG TOP | 5-669  カオス・シチリア物語>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -