映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-500  遠き落日

  1. 2014/09/09(火) 22:30:00_
  2. 神山征二郎
  3. _ comment:2
遠き落日  1992年・日本



遠き落日




 
.


2014年9月9日(火)  BS11

監督 神山征二郎
主演 三田佳子 (野口シカ 役) / 三上博史 (野口英世 役)

感想
よく知られた偉人伝ですが、以前に見たドラマ等では
研究や個人的な性格を中心に、ちょっと辛いような作品で、
この映画も見る事を躊躇していたのですが、
見終わってみれば、これが、けっこう見やすかったです☆

そして、それは、後でネットで見たように、
母親とのこころのやり取りを中心に描いているからだと思いました。

事実にあった事ですし、そんなに大昔ではないので
伝承され、本人たちを知っていた人から直接聞いた人も多いでしょう。
だからこそ、曲げられないモノを感じ、

ここで その映画を出すのは違うのかもしれないけど
「A.I.」の、あのお母さんとデイヴィッドと、
ついつい比較してしまうのですよね~私って変?



だってあの映画、不治の病の息子がお友達呼んで大騒ぎ出来るほどに
回復する事がまず、おかしいでしょう(笑)?
・・・壊されるからと山に捨てる
ママへの愛情だけをインプットした、存在(我が子に近い事もない?)を・・・。

野口シカさんは、極貧で、夫はあまり働かず、酒を飲み、暴力もふるったようですが、
のちの英世と、姉を、本当に一生懸命に育てました。

比べる事もアレなのですが、
人間はやっぱり、あまりにも衣食住他に満たされると、こころを失うのかもしれませんね?

「遠き落日」は「A.Ⅰ.」より随分前に見たけど、
それでもどうしても私には2重写しになってしまいました。

一度アメリカから凱旋帰国した時の、
二人だけで歩く田舎の道・・・
ここを通って小学校に行ったね、と。
あれで人生が開けたのだと。
それだけではない、もちろん映画だから大袈裟だろうけど

二人にしか分からない、細やかな愛情のやり取りを、
あの短いシークエンスに感じました☆



冷たい言葉で「2000年経った」って言われたってね~(笑)!

親子の愛情は、ひと組ずつ表現は違うけれども、
絶対に共通している、それは、うまく書けないけど、
それが愛情だと、瞳の奥に燃えているモノ・・・
動かしがたい真実・・・

この映画は日本語で見やすくて、
広く知られている偉人の話で、
でも、根底には「親子の愛情」が感じられました。
なので、出来がいまいちでも、心を打ったのだと思います☆





<<5-501  日輪の遺産  | BLOG TOP | 5-499  モディリアーニ 真実の愛>>

comment

こんばんは^^

  1. 2015/07/22(水) 19:51:46 |
  2. URL |
  3. かえるまま21
  4. [ 編集 ]
「遠き落日」は故渡辺淳一さんが原作でしたね。

miriさんのレヴューを拝見して、こちらの映画も観たくなりました。

「A.I」もとても印象深い作品でした。

>親子の愛情は、ひと組ずつ表現は違うけれども、
>絶対に共通している、それは、うまく書けないけど、
>それが愛情だと、瞳の奥に燃えているモノ・・・
>動かしがたい真実・・・

本当ですね。
涙が出て来ました。
親って、自分のことよりも子供のことの方が、一所懸命になれるのですよね。
なんかまとまりのないコメントでごめんなさいね。

邦画はあまり見ないのですが、これは是非とも観てみたいと思います。
子供にも見せても大丈夫な映画ですよね?

miriさん、いつもありがとうございます!

かえるママ21さん、こんばんは☆

  1. 2015/07/22(水) 20:51:27 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 「遠き落日」は故渡辺淳一さんが原作でしたね。

ハイ、そうです!

> miriさんのレヴューを拝見して、こちらの映画も観たくなりました。

それは嬉しいです☆

> 「A.I」もとても印象深い作品でした。

そうでしたね・・・。

> 本当ですね。
> 涙が出て来ました。

共感して頂いて嬉しいです、本当に有難う♪

> 親って、自分のことよりも子供のことの方が、一所懸命になれるのですよね。
> なんかまとまりのないコメントでごめんなさいね。

いえいえ、今は一番お忙しい時期ですので
お子さまの事に一所懸命で、
でも、お店も家事もあって・・・
愛情で乗り切る以外、出来る仕事ではありませぬ・・・
24時間365日休みなし、でもホント、分かっていますから、大丈夫ですよ~!

でもさっきは自分思いの強い言葉を選んでしまったようで反省していました・・・。
そう、もっとお子様や、ママさんのお気持ちをよまないと
と思ったのですが、

やはり私には今の自分の立場でしかモノが書けないので・・・
ごめんなさいね☆
そして、そんなうたを喜んで下さり、本当にありがとう!

私も昔、子育ての終わった人の言葉を「?」と思っていましたが
自分の番がくると本当に懐かしく、あんな必死な時代は人生でもう2度とないと
そう思うと寂しい気持ちになったので・・・

どうか、ママの味、頑張りすぎないように
頑張って下さいね☆
いつも「応援ビーム」送り続けま~す♪

> 邦画はあまり見ないのですが、これは是非とも観てみたいと思います。
> 子供にも見せても大丈夫な映画ですよね?

ハイ、大丈夫な作品です、というか
是非親子さんで見て頂きたいです!

年齢の小さいお子様には、昔の日本の身分上下差や、収入格差などの話を
前もってなさった方が良いかもしれません?

> miriさん、いつもありがとうございます!

こちらこそ、いつもご丁寧なお返事と、
こちらへのご訪問、本当に有難うございます☆

熱中症、は、ないでしょうか?
北海道も昔よりは暑くなったようですので
どうぞご自愛くださいませ~♪


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -