映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-776  タイピスト!

  1. 2015/05/12(火) 23:30:00_
  2. レジス・ロワンサル
  3. _ comment:2
POPULAIRE  (タイピスト!)  2012年・フランス



タイピスト!




 
.


2015年5月12日(火)  ムービープラス

監督 レジス・ロワンサン
主演 デボラ・フランソワ / ロマン・デュリス

感想
これは漫画です♪


この映画は、出来はそんなに良くないかもしれないし、
都合の良い話ばっかりで、ウンザリなさる方も多いかもしれないと思いますが、
私は、大好きなんです~う♪

明るくって、音楽もノリノリで、綺麗な色使いで、
主演男女が特別美男美女ではなくって、
1959年という時代を、ちゃんとその他の車の全てまでに再現してあって、
もちろん巴里(と、その郊外)で、
フランス語を話す人達が、切ないこころ持ち寄って、
特にローズのお父さん、そのお店で働く女性、ボブとマリーの一家、ルイの実家の人々・・・
保険会社のお客さん達もね!

そう、希望を持てる内容で、あふれる愛を感じるからです☆


そして鑑賞後すぐに思ったのは、この作品には特に原作がないのに、
私が中高生の頃によく読んでいた少女漫画(別冊マーガレット等)のようなお話だな~って。

今・現在のアニメとか漫画は知りませんが、
何となく懐かしさを感じる、簡単な話、筋書きやラストの分かっている事や、
大袈裟な感情表現、嘘から出たまこと、等々、

市川ジュン/くらもちふさこ/槇村さとる/多田かおる・・・う~ん、あと誰がいたっけ?
(そうそうちょっと作風違うけど?和田慎二とか柴田昌弘とか・・・)
そんな人達が当時描いていらした世界観と、この作品は本当によく似ています。

多分、そういう一部分の支持者以外は、甘い甘いで斬り捨てられるような作品ですが、
気に入る人には堪らない作品だと思います☆


大好き☆



それで、監督は初作品なのに、カテゴリー作りました♪
今後も期待します!

主演俳優男女は今までも他の作品で見ているけど、あんまり覚えていなくて・・・
でも今後はハッキリと分かりますね~!
助演のヒトは数人見たことあって、特にルイのお母さんはハッキリと分かりました。
ミュウ=ミュウ、むかしとは全然違う役柄で最近も時々見て、お元気で嬉しいです☆

あとエンドロールで、本物のタイプライターの歴史が分かるようになっていて
私は使った事ないけど、いろんな洋画で小道具で出てくるこういう
昔の機械、ホント、今さらながら憧れる感じありますよね~!

重い「エリザ」のようなフランス映画も良いけど、
こういう ♪ るらら ♪ のフランス映画も本当に良いです☆

気分が暗い時には見ないでね☆
私はこれからも時々、保存したソフトを引っ張り出して見たいような作品です!

今日は結婚記念日、夫の生まれた1959年を舞台にしたこの映画、
本当に良かったです♪


<<5-777  ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日  | BLOG TOP | 5-775  エリザ>>

comment

フェンス越えてホームラン!

  1. 2015/09/03(木) 20:47:45 |
  2. URL |
  3. 鉦鼓亭
  4. [ 編集 ]
miriさん、こんばんは
復帰、お待ちしていました!

僕も、これは良かったし、凄く楽しかったです。

漫画〉僕達の世代は男も女も殆ど「スポ根」モノの洗礼を受けてますから、妙に懐かしい。(笑)
(男のスポ根に恋愛要素は殆ど無いけど、女の子の方は「素敵なコーチ」が付き物だし)
仏チャンピオンと米チャンピオン、あれって「少女漫画」のキャラじゃないですか?
でも、仏チャンピオンの方は、中々、美形でもう少し見たかったかも。(笑)

1959年の再現〉あのパリの風景は凝ってましたね。
画調も今風のクッキリ・ハッキリじゃなくて、あの頃の映画みたいでした。

デボラ・フランソワ〉
コケティッシュな魅力に溢れた女優さんでした。
これ、1960年頃作ったら誰が適役かな?
ハリウッドだったらS・マックレーン。
オードリー向けの話だけど、序盤部はオードリーの「品」が邪魔する気がします。
フランスだと誰だろう。
僕はアルヌールよりM・ドモンジョと思うけど、余り詳しくないんで。(汗)
miriさんとしては、どうでしょう?

小難しい事言いっこなしの、明るく楽しくなる作品でした。
DVD購入予定でいます。(笑)

Re: フェンス越えてホームラン!

  1. 2015/09/04(金) 08:57:16 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
鉦鼓亭さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> 復帰、お待ちしていました!

あたたかいお言葉を有難うございます☆

> 僕も、これは良かったし、凄く楽しかったです。

それは良かったです!
うまくいき過ぎたりするのが、お気に召さない方も多いかと思っていました。
楽しい作品でしたよね~!

> 漫画〉僕達の世代は男も女も殆ど「スポ根」モノの洗礼を受けてますから、妙に懐かしい。(笑)
> (男のスポ根に恋愛要素は殆ど無いけど、女の子の方は「素敵なコーチ」が付き物だし)

鉦鼓亭さんの記事を読ませて頂いてから考えているのですが、
私はあまり「スポ根」ものの漫画は読んだことないです。
アニメは「巨人の星」「アタックNo.1」くらいは見ていましたし
大人になってからですが「エースをねらえ!」を友達から借りて読んだ事はあります。

> 仏チャンピオンと米チャンピオン、あれって「少女漫画」のキャラじゃないですか?
> でも、仏チャンピオンの方は、中々、美形でもう少し見たかったかも。(笑)

あまりそれらの人の顔が思い出せないのでアレですが、
私が読んでいた一時期の漫画は、多くの同世代女子は読んでいたと思います。
今思うと、短い期間でしたね・・・中高時代だけのような気がします。

> 1959年の再現〉あのパリの風景は凝ってましたね。
> 画調も今風のクッキリ・ハッキリじゃなくて、あの頃の映画みたいでした。

ハイ、その辺りの作りがとても気に入りました。
でも「アーテイスト」のスタッフなら、まんまと騙されたって感じかもしれません?

> デボラ・フランソワ〉
> コケティッシュな魅力に溢れた女優さんでした。

特に美人でもないし、目立つ存在でもないですけど、この役柄にはピッタリでしたね♪

> これ、1960年頃作ったら誰が適役かな?
> ハリウッドだったらS・マックレーン。
> オードリー向けの話だけど、序盤部はオードリーの「品」が邪魔する気がします。
> フランスだと誰だろう。
> 僕はアルヌールよりM・ドモンジョと思うけど、余り詳しくないんで。(汗)
> miriさんとしては、どうでしょう?

よく分かりません・・・。
昨日、カトリーヌ・ドヌーブがすごく若いときの映画を見たのですが(1963年製作)
とっても暗い役柄で、でも、もし彼女なら演技は明るくできるでしょうけど
ちょっと美人過ぎますよね~?笑

日本人の床島佳子さんってご存知ですか?
彼女のすごく若い時に、デボラさんは、感じが似ていると思いました(笑)。

> 小難しい事言いっこなしの、明るく楽しくなる作品でした。

ハイ、仰るとおり!

> DVD購入予定でいます。(笑)

毎度有難うございました~$


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -