映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-460  ジェイン・エア  (1996年・イギリス版)  /  他の「JANE EYRE」について

  1. 2014/08/14(木) 22:30:00_
  2. フランコ・ゼフレッリ
  3. _ comment:2
「JANE EYRE」という小説を原作にした映画は他に数本あり、
鑑賞したことはありますが
今回見た作品が一番良かったように思うのでアップします☆

JANE EYRE (ジェイン・エア) 1996年・イギリス



ジェイン・エア




 
.


2014年8月14日(木)  イマジカ

監督 フランコ・ゼフィレッリ
出演 シャルロット・ゲンズブール / ウィリアム・ハート / アンナ・パキン

感想
美しい映画でした・・・ため息・・・
今まで見た「JANE EYRE」の中で一番良かった・・・



・・・それは・・・主演女優の感じが、原作にちょっとは近いような気がするのと、
お話の内容としても、エピソードは全部入れてあるし、
ちょっと変えてあるところも、その方が映画としては見やすいし、
色々な点で良かったのですが、

一番はやっぱり、この監督の撮る映画の「美しさ」
淀川風に言うなら「美意識」なのでしょうね~
それが私の心をとらえて離さないのですよ・・・



ちょっと前に「グース」という映画を見てアンナ・バキンを知ったのですが
少女ジェーンは今まで皆 可愛かったけど、ホントに特に可愛くって
意志の強さを感じる演技のうまさは、ピカ1だったかもしれません・・・

ウイリアム・ハートさんは今年もアレコレで見ましたが、
この複雑な事情を持つ富豪、最終盤には落ちぶれ果てたその姿・・・
どちらもピッタリ本当に良かったです☆

主演女優さんのことはよく知りませんが、この役柄は
美人過ぎてはいけないのだし、ヘラヘラしてはいけないのだし、
強いこころを持って、でも、初めて「恋」を知った微妙な女性の心情を
本当に本当によく伝えてくれたと思います☆

全体的に、ここ1年くらいで 同じ原作モノを 3作品も見ていて、内容は知っているのだし
今さら見なくても・・・と半分イヤイヤ見たのですが、
そんなことはすぐに吹っ飛ばしてくれました!

この作品は、監督と、キャストと、
そして全体を通じて目で見て耳で聞く、あの英国の田舎の雰囲気そのもの、
四季それぞれが、何の理由もなくても、「いいなあ~」と、
そんな風に思わせてくれる「力」を持っていると思いました♪



*********************************



その他の「小説 JANE EYRE」原作の映像作品について




昨年末に見ました☆ ジェーン・エア (2011) JANE EYRE イギリス/アメリカ
監督 ケイリー・ジョージ・フクナガ
主演 ミア・ワシコウスカ / マイケル・ファスベンダー

ミニ感想
結構見やすかった☆
全体的にちょっと物足りない雰囲気ではありましたが、
原作に一番忠実に作られていると思いました。
主演女優がキレイ過ぎない点は良かったです(笑)。



昨年秋に見ました☆ ジェーン・エア (1944) JANE EYRE アメリカ
新記事はこちら ・・・ 5-39 

監督 ロバート・スティーヴンソン
主演 オーソン・ウェルズ/ジョーン・フォンテイン/マーガレット・オブライエン

ミニ感想
アデル役はこの作品が一番良かった♪
だってそのために(オブライエンを見るために)買ったのですものね(笑)。
あと、あの哀しい早世する少女をなんとまぁリズが演じていて(ノン・クレジット)
少女たちが一番良かったのは、この作品ですネ!
フォンテインは美しすぎて、どこかヘンだったし、
何といっても後半に登場する筈の牧師兄妹がカットされていたので、イミフでした(笑)。
でもまぁウエルズさんですしね、ド迫力はありました!



昔若い頃に見ました☆ ジェーン・エア (1970) JANE EYRE イギリス
監督 デルバート・マン
主演 スザンナ・ヨーク / ジョージ・C・スコット

ミニ感想
初見時感想は → こちらです
全然覚えていなくて、日本語字幕のあるソフトもないので、
できればオンエアで再見したいです!!!



他に、同じ原作で3本のテレビムービーがある事が分かりました。  
全部で 「JANE EYRE」 7本!!!
ご縁があれば、順番に見たいと思います(笑)。





<<5-462  ティンカ―・ベルと妖精の家 | BLOG TOP | 5-459  シチリア! シチリア!>>

comment

  1. 2015/01/08(木) 13:09:47 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
こんにちは。
ちょっと前のイマジカのオンエアを大事に取っておいて、やっと観ました!
私にとっては初の「ジェーン・エア」なんですが、とっても良かったです。主演の女優さんが感情の機微を丁寧に演じていて、本当にジェイン・エアそのものでしたよね。
ウイリアム・ハートさんもよかったけど、女優陣が素晴らしくてそんなに印象に残りませんでした(汗)

>ちょっと前に「グース」という映画を見てアンナ・バキンを知ったのですが~意志の強さを感じる演技のうまさは、ピカ1だったかもしれません・・・

「グース」の彼女でしたか!
少女時代のジェインの意志の強さとか聡明さが現れている瞳が印象的でした。髪を差し出すくだりとか良かったですよね~。
映像も素晴らしかったし、もう他のジェインは観れないかも(笑)
でも、2006年のBBC版ドラマはもっとも出来がいいと言われているそうなので、機会があったら観てみたいです。
miriさんがご覧になった他の作品も、観る事があったらまたうかがいます!

************

ところで、ギャレリアのブログパーツの方ですが、いちおう運営に報告しておいたら翌日に返信が来てfirefoxでも見られるようになりました。
最初はIEで見れなくなった!と焦ったけども、私のPCに入れてるIEがおかしいだけだったし。
miriさんが教えてくれたおかげで、ブログパーツの不具合も直ったし、IEが変だという事にも気付けて感謝です♪
これからも何か気付いたら気軽に教えてくださいね~。

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2015/01/08(木) 17:21:59 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 私にとっては初の「ジェーン・エア」なんですが、

エッ? 初めて???

>とっても良かったです。主演の女優さんが感情の機微を丁寧に演じていて、本当にジェイン・エアそのものでしたよね。
> ウイリアム・ハートさんもよかったけど、女優陣が素晴らしくてそんなに印象に残りませんでした(汗)
> ちょっと前のイマジカのオンエアを大事に取っておいて、やっと観ました!

ハイあの女優さん良かったです。
知らないと思ってたのですが、「恋愛睡眠の薦め」のヒロインでしたか~!? 
これは全くうっかり!

ハートさん、よりも、女優陣が良かった、というのは、大共感です!
ただ私は内容を知っていたので、「俳優を見る」余裕?があって、そういう目で見ました(笑)。
大事にとっておいてくださり、有難う~☆

> 「グース」の彼女でしたか!
> 少女時代のジェインの意志の強さとか聡明さが現れている瞳が印象的でした。髪を差し出すくだりとか良かったですよね~。

ハイ、私はたまたま「グース」も初見で、続けて見たので、余計に印象が強かったです♪

> 映像も素晴らしかったし、もう他のジェインは観れないかも(笑)
> でも、2006年のBBC版ドラマはもっとも出来がいいと言われているそうなので、機会があったら観てみたいです。
> miriさんがご覧になった他の作品も、観る事があったらまたうかがいます!

ハイ、お互いご縁があったら、いろんなジェーンに会いたいですネ☆
のちほど、記事にお邪魔させて頂きますね~♪

> ************

> ところで、ギャレリアのブログパーツの方ですが、いちおう運営に報告しておいたら翌日に返信が来てfirefoxでも見られるようになりました。

あ、まわるまわる、変わる変わる~♪
るらら~真宵ちゃんから、下書きちゃん、お膝だっこちゃん、
その他いっぱいの宵乃さん~るらら~♪

> 最初はIEで見れなくなった!と焦ったけども、私のPCに入れてるIEがおかしいだけだったし。
> miriさんが教えてくれたおかげで、ブログパーツの不具合も直ったし、IEが変だという事にも気付けて感謝です♪
> これからも何か気付いたら気軽に教えてくださいね~。

いえいえ、私のお陰では、全然ないです! キッパリ、貴女が凄いのです☆
ただ、素人の単純な疑問は、大事なのかもしれませんね?
今後も、笑われる事を恐れずに、色々と疑問な点を伺いたいと思います。
宜しくお願いしま~す☆

ところで、昨日のあのお言葉を頂いて以来、ちょっと浮かれています☆
「誉められた! 楽しむ才能!? 初めてで 
 やる気マンマン こころ踊るね (*^o^*)」
こんな感じで~す!! ウキウキ~!!


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -