映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-394  トランセンデンス

  1. 2014/06/28(土) 22:30:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
TRANSCENDENCE  (トランセンデンス)  2014年・イギリス/中国/アメリカ



トランセンデンス




 
.


2014年6月28日(土)  TOHOシネマズ系列の映画館にて

監督 ウォーリー・フィスター
主演 ジョニー・デップ・・・私的にはポール・ベタニ―かも(笑)




感想の前に


今回も封切り日に見に行きました。
500人くらい入れる劇場に、30人くらいかな~?(笑)
息子がくれたチケットが6月末までだったので、急いで行きました☆

あ、それで映画館では初めて「日本語吹き替え」を見たんです!
最近、字幕を追うのが辛い事も多くって・・・この映画はきっと
いろんな用語が出てくるんだろうな~って思って、あえてそうしてみました。



感想

日本語吹き替えを選んで良かったです。
やはり理科の難しいような事をちょいちょい言っているので
字幕だと 考える方が先に立って、絵を見そこないそうでした(笑)。
とても内容がよく分かって、そのうえ、シッカリと映画を堪能できました♪
ただ、いつかオンエアを見るなら、字幕で再見したいと思います☆

内容は、まぁ結局、愛する人の肉体の死が怖いのは、あんただけじゃねーよ、って
私は思うわけで、

自分達だけ頭が良くて、手段があるからってそんな事しちゃダメでしょ!って思いました。
世界中で、今この瞬間も、多くの人がそういう悲しみに接しているのに、バカ達め!

こういう未来にしていけないとは思うけど、ならないとは限らないよねって思いました。
今現在でも一番安全な手段は、郵便と、実際に会うことらしいですしね・・・
いつかどこかで、何かの歯車が止まったら・・・


しかしあのテロ組織の扱いが、
最初と中盤と終盤で変わっていて
何か変ですよ、全く、ご都合良過ぎ!!!



俳優は、ジョニデはキモさ抜群、上手ですね~☆
ヒロインは嫌いですが、いかにも男性受けしそうです。
申し訳ないけど二人とも、世界有数の頭脳を持つ博士には見えなかったし、
申し訳ないけど (若くもないのに) 子供のいない夫婦で、あんまり家庭な感じはしなかった。

ポール・ベタニ―さんは「ウィンブルドン」で大好きなのですが、
その他の映画では役柄が色々で好き嫌いはあったけど、
この映画では最初と最後に出て、良い(ナレーションふうな)感じでしたし、
あの博士もそれなりの苦悩が出ていて良かったです・・・まともな人間のように見えました(笑)。


さて、一番こころに残っているのは、
あの 「しずく」 です。



水のぽたりと落ちる、一滴のしずく、
そのモチーフが繰り返され、大自然とかもよく写すし、大きな舞台が砂漠のようなところで
監督さん的には、そういう自然の事を訴えたいのかな~?って思いました。
そう、水一滴のしずくが「生命」の源なのですものね、地球では♪

でも私的には「生命」とは、肉体(と心と浅い潜在意識を含めたモノ)だけとは思っていないので、
そもそもこの映画は、絵空事としてしか見ませんでした。

なので、あの生き返らされた人たちや、
あの恐ろしい場所や、
あのキているヒロインや、
また出て来たモーガン・フリーマンや、
まぁそんなに怒ることもなく、スーッと見られました。

監督さんのことは全然知りませんので、今後も注目したいと思います☆
(今調べたら、撮影監督だった! 「メメント」「プレステージ」「インセプション」
「マネーボール」等、ふーん、へーそうだったのか!
この作品で監督デビューらしい・・・C・ノーランみたいには ならないでね!)


まぁ、いわゆる娯楽映画ですわ、ほほほ。。。。。


それプラス、この映画を見た一人ひとりが「地球の事を考えるきっかけ」に
なれば、すっごく良い映画鑑賞になるのだと思います☆




<< やっと見た映画2本の感想です。 | BLOG TOP | 今回は再見出来ず  (2-186)  ニューヨークの恋人  >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -