FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


14・夕陽のガンマン

  1. 1975/06/01(日) 23:00:00_
  2. セルジオ・レオーネ
  3. _ comment:2
夕陽のガンマン ブルーレイ



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【マカロニ・ウエスタン】 1965年・イタリア

1975年6月1日(日)PM8:00~9:50(○○テレビ) (中3)
監督 セルジオ・レオーネ
主演 クリント・イーストウッド
音楽 エンニオ・モリコーネ
トリオによる第2作

新聞を見てびっくりして見る
同じ日に時間がかさなって次の映画と
両方見て、イーストウッドがどちらも主演だから
どうも頭がこんらんしてしまう 
8:00~9:00、9:30~9:50まで見る




 
.


感想 かっこいい おもしろい
続編と同じでとてもかっこいい
音楽もいいし

もう一度必ずカラーで見たい(○○テレビ・・・白くろで見たから)



****************************



2009年2月:追記

○○テレビと言うのは、地方局、UHFで、当時は映りも悪かったのでしょう。
でも、どうしても見たくて、見たのだと思います。

クリント・イーストウッドの主演の作品が多いです。
当時は好きでした。ずっと後になってあんなに偉そうになって
監督までするなんて、この頃は、思ってもみませんでした。



****************************



下記の文章を書いた日。
2011年7月某日

原題:Per qualche dollaro in più



****************************



再見時感想はこちら  →  夕陽のガンマン(65・伊)(2回目) ・・・ 1-14 




<<15・奴らを高く吊るせ! | BLOG TOP | 13・必殺ドラゴン鉄の爪>>

comment

これは観たんだけど

  1. 2012/07/26(木) 13:12:38 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
まったく思い出せないです。★もついてるのに!
miriさんの感想によると、イーストウッド主演の西部劇を連続でご覧になったんですよね?
わたしもそんな感じだったのかな~?
ただでさえ西部劇って似たようなものが多いですからね。

今日は「かもめ食堂」のエンディングに使われた曲ですか。井上陽水は昔観たアニメの主題歌で「ゆめのなかへ」が使われてたのが印象に残ってます。
「かもめ食堂」は再見したいと思ってたのに、最近のオンエアで録画してないんだよな~。被ったのか?
またの機会を待ちたいと思います。

*******************

>ハイ、中高生の1年間は、今では10年くらいに当たりそうで(爆)。

ホント怖いですよね~。このままじゃ、気づいた時にはおばあちゃんになってそう!

>宵乃さんもお好きな作品だと思いますよ~。事実ですし、音楽も良いし!

そうですか、期待しちゃおうかな!
とりあえず、BSシネマにリクエストしときました(笑)

>企画のリクエスト、次々に決まって良かったですね~。

ちょくちょくリクエストしてくださる方がいて助かります。最近それを書き忘れてて、慌てて書いてみたしだいです。

********************

ところで、今日のあちらのブログの記事を読んでふと思いついちゃった事があるんですが…。別に説得しようとか批判しようとかいう事ではなく、ホントにぱっと思いついた事なんですけど(なので読まなくても大丈夫です)

「きっと、天上界に住んだ事がない」というくだりを読んだら、実はあの人達は現世でやり残した事があって、天上界に行けない人々なのかもしれないと思えてきたんです。
「パピヨン」じゃないけど”人生を無駄にした罪”で、罰せられていると言うか、神様が与えた最後のチャンスというか。
なので、自分のようにならないように現世の人々をそっと助けるか、もう一度やりなおすか、その人の役目をきちっとやり終えて初めて、天上界に行けるのかもしれないなぁと、なんだか自分の中ですっきり納得できてしまいました。
もしも、このコメントのせいで不愉快な思いをさせてしまったら申し訳ありません。私もあれ以来、この作品が引っかかっていたので、自分なりに納得するきっかけを与えて下さったmiriさんにお礼を言いたくて…、
本当にありがとうございました。

Re: これは観たんだけど

  1. 2012/07/26(木) 17:15:17 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> まったく思い出せないです。★もついてるのに!

いつ頃鑑賞なさったのでしょうか?
★なら、必:再見ですね!!!

> miriさんの感想によると、イーストウッド主演の西部劇を連続でご覧になったんですよね?

当時は家庭用の録画機が無い時代で、見たいのが重なると、
少しずつ削る以外なかったのですよね~。
彼の事が好きで仕方ない時代でした(爆)。

> わたしもそんな感じだったのかな~?
> ただでさえ西部劇って似たようなものが多いですからね。

そうですね~これはマカロニ・ウエスタンだと思いますが、
西部劇も、マカロニも、筋の似ているのが多いうえに
登場人物も似たりよったりで・・・

公開当時に大好きな人が毎週見に行くという感じだったのでしょうね~?
そうして大量生産されて、70年代以降、オンエアが続いているのではないでしょうか?

> 今日は「かもめ食堂」のエンディングに使われた曲ですか。井上陽水は昔観たアニメの主題歌で「ゆめのなかへ」が使われてたのが印象に残ってます。
> 「かもめ食堂」は再見したいと思ってたのに、最近のオンエアで録画してないんだよな~。被ったのか?
> またの機会を待ちたいと思います。

あぁそうなんですか~それは残念!
この前のオンエアはチラ見して、あの歌はシッカリ聞いたので心に残っているのです♪

「夢の中へ」がアニメの主題歌になっているんですね~?
本当にお商売上手で、脱帽です(爆)。

> *******************
>
> ホント怖いですよね~。このままじゃ、気づいた時にはおばあちゃんになってそう!

宵乃さんがそうなるずっと前に、私がなりますので、ご安心を~!(大爆)

> そうですか、期待しちゃおうかな!
> とりあえず、BSシネマにリクエストしときました(笑)

全編、音楽に彩られて、戦争の影があって、
全然キレイごとではないけど、夫婦の愛情が静かに感じられる・・・
ラストシーンには真珠の涙を流されることでせう。

> ちょくちょくリクエストしてくださる方がいて助かります。最近それを書き忘れてて、慌てて書いてみたしだいです。

ホントに良かったですね~!
盛況で、私も嬉しいです~☆

> ********************

下記の文章についてのお返事です☆

読んで下さり、有難うございました☆
あの文章が、今回、宵乃さんのお役に立てたなら、本当に嬉しいです♪

>なんだか自分の中ですっきり納得できてしまいました。

お礼だなんて・・・これは宵乃さんの気付きですし、
宵乃さんにとって、そういう時期が来たのだと思います。

私はこのコメントで不愉快になんてなりませんので、ご安心ください☆
・・・ただ私はあの映画については、一旦、あの頃、納得させたつもりだったんですけど、
今となっては、いつか再見しなくてはならない作品の筆頭にあり、
また、その時期は、まだずっと先だと思っています。

再アップして余計にこんがらがってきたような感じで、ハハハハハ
バカですよね~って感じです☆

宵乃さんの書いて下さった事をかみしめて、
変えられない死生観と、自然に変わってゆくかもしれない死生観と、
きっと自分の中でも、今は分からない何かをつかめる日も来ると思います。
こちらこそ本当に有難うございました。



> ところで、今日のあちらのブログの記事を読んでふと思いついちゃった事があるんですが…。別に説得しようとか批判しようとかいう事ではなく、ホントにぱっと思いついた事なんですけど(なので読まなくても大丈夫です)
>
> 「きっと、天上界に住んだ事がない」というくだりを読んだら、実はあの人達は現世でやり残した事があって、天上界に行けない人々なのかもしれないと思えてきたんです。
> 「パピヨン」じゃないけど”人生を無駄にした罪”で、罰せられていると言うか、神様が与えた最後のチャンスというか。
> なので、自分のようにならないように現世の人々をそっと助けるか、もう一度やりなおすか、その人の役目をきちっとやり終えて初めて、天上界に行けるのかもしれないなぁと、なんだか自分の中ですっきり納得できてしまいました。
> もしも、このコメントのせいで不愉快な思いをさせてしまったら申し訳ありません。私もあれ以来、この作品が引っかかっていたので、自分なりに納得するきっかけを与えて下さったmiriさんにお礼を言いたくて…、
> 本当にありがとうございました。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -