FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


550・花いちもんめ  1985、日本

  1. 1987/02/24(火) 23:00:00_
  2. 伊藤俊也
  3. _ comment:4
DVDはありません。
下のは宣伝ポスターか何かみたいですね。
(2011年にDVDが発売されましたので、画像をさし替えます。
 レンタルDVDにないので、鑑賞は出来そうもありませんが・・・2012年8月)



花いちもんめのDVD画像



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



1987年2月24日(火) (20歳~)

監督 伊藤純弥
主演 千秋実、十朱幸代

長い映画 なんですね 見ていて まだ終わらない、まだ
終わらない なんて 思ってました




 
.


感想
すごく リアルで フツーの 夫婦(夫は浮気してるの)が
おじいちゃんの ボケに よって きずなが 強く なっていく
これは フツーの 夫婦への 問題ていき だと 思います

ボケが 脳の 小さくなる コトによる 病気と はっきり
知らなかったので 勉強にも なりました
インテリ だった 人に 多いとも ききましたが かわいそー
です すっごい 地位、やりがい、仕事の中に いた人 なのに

千秋実は 本当に ボケているんじゃないかと 思うほど 迫真の
演技でした
十朱幸代も“役者”なんですよね
あと ちょっとした役にも 顔とかじゃなくて 演技のできる
人を 配置して 監督って すごいです
おいてる だけじゃなくて 動かしきって いるからねぇ

内容は・・・もう 何とも 言えない カンケーない 話じゃ
ないもの 日本人なら 誰にでも かかわってくる 問題だもの
ボケも 1人 1人 ちがうだろうけど
家族の 大変な 戦い
病院の 冷たさ

人間らしく 生きたいのに ねぇ・・・・・・・・・



******************************



2011年1月:追記

この作品は、当時の監督賞を、総なめにしていた記憶があります。
(作品賞も、たくさんとっていたみたい)

千秋実演ずるお爺さんが、ボケてしまって、あちこち歩くのを、
後から(そのお爺さんの長男の)お嫁さんの十朱幸代が付いて行ったり、
夫婦で、すっごく大変な目にあうところをよく覚えています。

今ではこういう映画は多いですけど、
当時は、本当に社会への問題提起だったと思います。

伊藤監督今何しているのかなぁ?と調べたら、
お名前が「俊也(しゅんや)」だって、全然違うじゃん!ゴメンなさい☆
ご健在で監督や脚本のお仕事なさっているご様子。

こういう映画は今は見たくないですね~
同居の高齢者が万一そうなったりしたら、とか、
自分自身がそうなったら、とか、笑いごとではないですものね・・・怖い。



******************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=149571
正しいタイトル:花いちもんめ。



2013年5月現在、この作品は、再見出来ていません。 




<<551・セルピコ  1973、U.S.A. | BLOG TOP | 549・ドン・松五郎の生活  1986、日本>>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/01/31(月) 13:44:28 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/01/31(月) 20:27:06 |
  2. URL |
  3. かえるまま21
  4. [ 編集 ]
ずっと映画がお好きだったんですね~。
miriさんのライフワークなんですね。
十朱幸代さんお綺麗ですね。
この時代に....先を行ってる映画ですね。

コメント、ありがとうございます。

かえるままさん、コメントを有難うございます☆

  1. 2011/01/31(月) 21:00:29 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> ずっと映画がお好きだったんですね~。

そうですね~中3からなので、遅い方だと思いますよ~!

> miriさんのライフワークなんですね。

う~ん、カッコ良く言えばそうなると思いますが、
そんなに素敵な言葉で言って頂くと、申し訳ないです。
今は子供が大人になってしまって、ヒマでして、
ネットなるモノができて、こうして過ごさせて頂いています。
感謝です。

> 十朱幸代さんお綺麗ですね。

そうですね~お若い頃は典型的な美人タイプで、
今はおきゃんな役柄が多いと思いますが、
この頃はちょうど転換期だったのではないでしょうか?
普通の主婦役で、心底ビックリでした~!

> この時代に....先を行ってる映画ですね。

そうですね、今は多いですけど、当時は社会現象みたいになって
たいへんに話題を呼んだ映画でした。
当時と何も変わっていなくて、高齢化はどんどん加速していて、
本当にこわいと思います。

> コメント、ありがとうございます。

これからもどうぞ宜しくお願いします♪

管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/02/01(火) 11:10:58 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -