映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


☆ 淀川長治 映画ベスト1000 【決定版】 ☆ / ☆ 初見  ゴジラ ☆

  1. 2014/07/10(木) 23:00:00_
  2. 読書関係
  3. _ comment:4
リンク先さまのロッカリアさんのブログ 「カウチポテト通信」 の こちらの記事で、
ご紹介されていた本 「淀川長治 映画ベスト1000 【決定版】」 を 買いました。

この本は、2年くらい前から、アマゾンでチラチラと気にしていたのですが、
なかなか勇気が出ず買ってなかったところ、
良い記事を読ませて頂いたおかげで やっと買う事が出来て、
久しぶりに淀川節に再会(再聴?)出来ました。 感想を書きます。

記事の後半に、先日BS3でオンエアされた「ゴジラ」という映画
(ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版) の 感想を書きます☆



淀川長治 映画ベスト1000 【決定版】ゴジラ





☆ 読了 飢餓海峡 ☆    ☆ 再見 テレビドラマ 飢餓海峡 ☆

  1. 2014/01/24(金) 23:00:00_
  2. 読書関係
  3. _ comment:4
再読 「飢餓海峡」  新潮文庫 上・下巻  水上勉:著
2014年1月下旬までに読了  

飢餓海峡 文庫本 上飢餓海峡 文庫本 下



再見 テレビドラマ 「飢餓海峡」 
1988年・フジテレビ製作 演出:富永卓二
(初見は、多分、1997~2008年の間に再放送にて、だと思います)

飢餓海峡 テレビ版 仲代達矢





読書について

  1. 2014/01/23(木) 01:35:00_
  2. 読書関係
  3. _ comment:0
・・・今年は、映画鑑賞と同様にとまではいかなくても、
約5年ぶりに 読書を再開し、それを継続したいと思っています。

つい先日、数年前に買ったままになっていた(全然読んでいなかった)
「ジェラール・フィリップ伝記」を 読み終わったばかりです。



ジェラール・フィリップ伝記



お恥ずかしいのですが、このブログでは、
映画に関係のある本を読了したら
感想をアップしようと思っています。




「ジェラール・フィリップ伝記」 
筑摩書房 ジェラール・ボナル:著 / 堀茂樹:訳
2014年1月中旬までに読了

感想
ジェラールさまのお仕事の点では、一応ほとんどの映画作品を見ているので
その流れ的なことや人間関係等、製作裏話的なことを知ることが出来て、
それは良かったです。

でも、彼は本当は舞台俳優だったのですね!
全然知らなかったので、ものすごく驚きました。

そして
高校時代に「第2次世界大戦勃発]
お金持ちでドイツ軍に近しかった「死刑判決を受けたお父さん」のこと
大人になって家庭を持つ時代には「東西冷戦」
晩年(と言っても30代半ば)には「俳優組合」の件で

彼の人生が政治に振り回されていたというか
世界情勢に、彼の立場が利用されていたというか・・・
時代的に多くの芸術家がそういう メ にあっていたのかもしれないけど
なんとなく、それが、病気の原因にもなったような気がして残念でした。

いろんな人名が出てきたけど、
ルネ・クレール監督が、やっぱり私の思っているような方だったのが嬉しかった事と、

トリュフォーさんが彼を嫌っていたのは
ルノワール監督の件があったからかな~(結局映画に出演しなかったから)
なんて、そんなこと色々と思いました。

個人的なことでは、知りたくなかった事が かなり多かったです
こんな本を読んで、バカみたいに知らなければ良かったのに・・・と思ったけど、
やっぱりその部分も含めて「人間:ジェラール・フィリップ」
なんだろうな~と思い、複雑な気持ちも、少しずつ収拾させたいです。

最後に・・・この訳者の方ですが、申し訳ないのですが
日本語が変で、すごく読みにくかったです。

(以下、読書を再開したいきさつを書きました)





☆ 読了 「罪と罰  第1部」 ☆

  1. 2014/01/20(月) 23:00:00_
  2. 読書関係
  3. _ comment:0
光文社 古典新約 文庫  「罪と罰 Ⅰ」(第1部・第2部)

ドストエフスキー:著  亀山郁夫:訳



罪と罰 Ⅰ





☆ 読了 「罪と罰」 第5部 第6部 エピローグ ☆

  1. 2014/01/20(月) 22:30:00_
  2. 読書関係
  3. _ comment:2
光文社 古典新約 文庫  「罪と罰 Ⅲ」(第5部・第6部・エピローグ)

ドストエフスキー:著  亀山郁夫:訳



罪と罰Ⅲ





☆ 読了 「罪と罰  第2部  第3部  第4部」 ☆

  1. 2014/01/20(月) 22:30:00_
  2. 読書関係
  3. _ comment:0
※一般的に主人公の名前は「ラスコーリニコフ」(名字)と表現されていますが
  私は彼の事を「ロージャ」と思って読んでいます。
  「ロージャ」とは、名前「ロジオーン」の愛称で、肉親や親しい友人が呼ぶ名です。



光文社 古典新約 文庫  「罪と罰 Ⅰ」(第1部・第2部)

ドストエフスキー:著  亀山郁夫:訳

2014年1月上旬までに 第2部を読了



光文社 古典新約 文庫  「罪と罰 Ⅱ」(第3部・第4部)

ドストエフスキー:著  亀山郁夫:訳

2014年1月上旬までに 全てを読了



罪と罰 Ⅱ





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -